世界初、カメラ機能付き「ドローン内蔵型スマホケース」が登場

その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1点、自撮り棒を使わずともセルフィーをバッチリ撮る、そのため。

スマホケース一体型の
自撮りを目的としたドローン

ドローンがスマホケースに内蔵されているところに、大きなメリットを感じます。だって、自撮り棒のようにスマホとバラバラで持つ必要がない訳だから。だから目的はほぼセルフィー。

ロンドンのスタートアップ企業が開発した世界初のガジェット「AirSelfie」は、ありそうでなかったドローン内蔵スマホケースです。

「一般的なドローンに比べてはるかに操作が簡単」だと、共同設立者のひとりEdoardo Stroppianaは強調します。

ではどのくらいお手軽なのかというと、ユーザーはあらかじめダウンロードしておいた専用アプリを起動。ケースからAirSelfieを取り出し、あとは電源を入れるだけ。これでスマホとWi-Fi接続され、ドローンの離陸準備が完了。最後にユーザーが3つの撮影モードを選んでテイクオフ。

モードは以下の3つ。

◆セルフィーモード
近距離、遠距離の2地点から撮影。
◆モーションコントロールモード
スマホ画面に登場するジョイスティックを使い、リアルタイムでドローンを操作。
◆フライングモード
被写体の構図が決まるまで、水平方向にホバリングして待機。

撮影後はホバリングするドローンを手で捕まえずとも、ボタンひとつで自動的に出発地点へと戻るすぐれもの。風の影響は多分にありそうだけど、開発メーカーによれば66フィート(およそ20メートル)の高さまで上昇可能だとか。

ちなみに充電はスマホケースを介して、もしくは直接USBポートに差し込む。ここにも手軽さアリ。肝心のスマホとの互換性も、iPhone6以降、Galaxy S7といった人気機種にほぼ対応していると聞けば、まずもって問題なさそうだ。

2017年は、
自撮り棒からドローンへ

クラウドファウンディングにおいて、最低目標金額を5万ドル(約577万円)に設定したところ、わずか2日間でそれを突破。すでに当初の10倍を超える投資金額が集まっていることからも、注目の高さがうかがえる。

市場に出るのは来年4月の予定で、販売価格は300ドル(約34,600円)ほど。先行予約もギリギリこちらで受付中。こう聞けば決して安い買い物ではないけれど、自撮り棒よりも断然、こちらの方がスマートに思えるけどな。

Licensed material used with permission by AirSelfie
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
三脚メーカー「ベルボン」が、アウトドアブランド「Coleman」とコラボで開発した自撮り棒「コールマンセルフィー」シリーズ。アウトドアシーンに活かされるア...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
トロント大学の研究者らが、自撮りするだけで血圧を測定できる技術を開発。搭載された光学センサーが血液中を流れるヘモグロビンから赤色光をキャッチして、皮下のヘ...
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
iHerb(アイハーブ)で買える「かわいい棒付きキャンディ」を3つご紹介。シュガーフリーキャンディ、マヌカハニーキャンディ、オーガニックキャンディをピック...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
 ずっと会いたかった女性に会えました。マキエマキさん。ちょっと(ううん、かなり?)ハードな自撮りをInstagramに投稿している50歳の女性です。その写...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...