アウトドア × 自撮り棒「コールマンセルフィー」

三脚メーカー「Velbon」が、アウトドアブランド「Coleman」と共同開発した自撮り棒「コールマンセルフィー」シリーズが話題となっている。

アウトドアシーンで活かされる三脚メーカーならではのノウハウ。必要性を感じていなかった人も、異色のコラボに少なからず食指が動きそうだ。

©ベルボン株式会社

セルフィーライトワン

たとえば、ベーシックな「セルフィーライトワン」。軽量(105g)のコンパクト設計ながら、さっと伸びるスティックの全高は660mm。広い画角も十分に確保できる。

特筆すべきは、マグネット式で簡単に着脱可能なLEDライト。明かりの少ないキャンプ地などでの撮影を考慮した機能がうれしい。

©ベルボン株式会社

セルフィーマルチスタンド

いっぽう、ハンドル部が開いて三脚となる「セルフィーマルチスタンド」にも、アウトドア仕様の意匠が。

三本の脚それぞれが“ステー”と呼ばれる軸材で補強されているので、アンバランスな場所での安定感は折り紙つきだ。

さらに、ヘッド部にはカメラネジを標準装備。これにより写真だけでなく、アクションカメラを使った動画との同時撮影も可能に。となれば、自然のフィールドで活躍の場はさらに広がるはず。

©ベルボン株式会社

このほか、三脚付きで縦横にカメラを振れる「セルフィースタンド」を加えた、全3シリーズ。もちろん、どのモデルもBluetooth対応だ。

「頼りない」と「やりすぎない」のちょうど中間。どう?こういう自撮り棒なら1本あってもいいでしょ?

Top image: © ベルボン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
トロント大学の研究者らが、自撮りするだけで血圧を測定できる技術を開発。搭載された光学センサーが血液中を流れるヘモグロビンから赤色光をキャッチして、皮下のヘ...
 ずっと会いたかった女性に会えました。マキエマキさん。ちょっと(ううん、かなり?)ハードな自撮りをInstagramに投稿している50歳の女性です。その写...
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...
自撮り熟女マキエマキ(50)。
これ、転がすタイプのお灸なんです。
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
主に若い女性に多い『自傷行為』。なぜ自分自身を傷つけるのか?どんなきっかけなのか?いろんな疑問を持つ人が多くいると思います。アメリカの動画メディア「Cut...
シンプルに結論から入りましょう。ずばり、子どもの身長に合わせて壁に貼るだけで、自宅が写真館に早変わり。もちろん、この写真館でのカメラマンはあなた。笑顔を引...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...