ずるいよ、喜美子さん。

熊本県在住のアマチュア写真家である89歳の西本喜美子さんが、はじめてカメラに触れたのは72歳のとき。写真のどんなところに魅力を感じて、続けることになったのかを聞いてみると、こう答えてくれました。

写真は自分が見て感じたものがそのまま絵になりますからね。それは、今まで体験したことのなかった世界でした。

All Photo by©Kimiko Nishimoto

西本さんがカメラと出会ったのは、長男の西本和民さんが経営する写真教室『遊美塾』がきっかけです。それから、周囲を「あっ」と驚かせるような、インパクトのある写真を撮影する日々が始まりました。

もともと、自分の写真を撮るというのは遊美塾の宿題でした。やってみると楽しくなって。写真はすべてその場の「思いつき」なんです。

 

撮影しているときは、特別な気持ちにはなりません。気が向いたときに撮ってる感じだから。ただ、毎年開催される『遊美塾写真展』が近づくと焦ってしまいます。

約17年も続けていることだから、どんな言葉がくるんだろうと、勝手に緊張しながら待っていた私。でも、飾ることのない、ありのままの答えに、心が和んでしまいました。

普段は、週に2回ほどデイサービスに通ったり、遊美塾のクラフト講座に通ったり。意外と忙しいんです。

これが、写真家の活動をしていないときの日常。ちなみに、趣味はクラフトでバッグをつくることのようです。

2016年に、初の写真集『ひとりじゃなかよ』を刊行するなど活動を広げる西本喜美子さん。12月15日から新宿で写真展も開催されます。今回の展示会では、インターネットで話題になった自撮り写真やデジタルアート作品に、未発表の作品も観ることができるのだとか。

16日には西本和民さんとのアーティストトークを開催。どんなお話をするのか質問したところ、「聞かれたことに答えることしかできないので、どうなるんでしょ」と、いうことでした。いろいろ気になる西本さんの『遊ぼかね』をチェック! 

■展示名:西本喜美子写真展『遊ぼかね』

■開催日:2017年12月15日(金)〜2018年1月18日(木)

■時間:10:30〜18:30 ※最終日は14:00まで

■休館:日曜日・12月28日〜1月4日の年末年始

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階)

■入場料:無料

■アーティストトーク

日時:2017年12月16日(土)15:00〜16:00(予定)

西本喜美子氏と西本和民氏(遊美塾・代表)によるアーティストトークを開催します。詳細は、コチラから。

Licensed material used with permission by 西本喜美子, 遊ぼかね
他の記事を見る
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
新宿の人通りは相変わらず多い。電車を降りたら、ミライナタワー改札を出て、NEWoMan(ニュウマン)の5階へ向かおう。目的地は、LUMINE 0(ルミネゼロ)。
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フランスで200年間愛され続ける代官山にあるパリ生まれの総合美容ブティックOfficine Universelle Buly〒150-0021 東京都渋谷...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
カニ、エビ、貝を手づかみでワイワイ食べるシンガポール発のシーフードレストランDancing Crab東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...