ずるいよ、喜美子さん。

熊本県在住のアマチュア写真家である89歳の西本喜美子さんが、はじめてカメラに触れたのは72歳のとき。写真のどんなところに魅力を感じて、続けることになったのかを聞いてみると、こう答えてくれました。

写真は自分が見て感じたものがそのまま絵になりますからね。それは、今まで体験したことのなかった世界でした。

All Photo by©Kimiko Nishimoto

西本さんがカメラと出会ったのは、長男の西本和民さんが経営する写真教室『遊美塾』がきっかけです。それから、周囲を「あっ」と驚かせるような、インパクトのある写真を撮影する日々が始まりました。

もともと、自分の写真を撮るというのは遊美塾の宿題でした。やってみると楽しくなって。写真はすべてその場の「思いつき」なんです。

 

撮影しているときは、特別な気持ちにはなりません。気が向いたときに撮ってる感じだから。ただ、毎年開催される『遊美塾写真展』が近づくと焦ってしまいます。

約17年も続けていることだから、どんな言葉がくるんだろうと、勝手に緊張しながら待っていた私。でも、飾ることのない、ありのままの答えに、心が和んでしまいました。

普段は、週に2回ほどデイサービスに通ったり、遊美塾のクラフト講座に通ったり。意外と忙しいんです。

これが、写真家の活動をしていないときの日常。ちなみに、趣味はクラフトでバッグをつくることのようです。

2016年に、初の写真集『ひとりじゃなかよ』を刊行するなど活動を広げる西本喜美子さん。12月15日から新宿で写真展も開催されます。今回の展示会では、インターネットで話題になった自撮り写真やデジタルアート作品に、未発表の作品も観ることができるのだとか。

16日には西本和民さんとのアーティストトークを開催。どんなお話をするのか質問したところ、「聞かれたことに答えることしかできないので、どうなるんでしょ」と、いうことでした。いろいろ気になる西本さんの『遊ぼかね』をチェック! 

■展示名:西本喜美子写真展『遊ぼかね』

■開催日:2017年12月15日(金)〜2018年1月18日(木)

■時間:10:30〜18:30 ※最終日は14:00まで

■休館:日曜日・12月28日〜1月4日の年末年始

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階)

■入場料:無料

■アーティストトーク

日時:2017年12月16日(土)15:00〜16:00(予定)

西本喜美子氏と西本和民氏(遊美塾・代表)によるアーティストトークを開催します。詳細は、コチラから。

Licensed material used with permission by 西本喜美子, 遊ぼかね
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
新宿の人通りは相変わらず多い。電車を降りたら、ミライナタワー改札を出て、NEWoMan(ニュウマン)の5階へ向かおう。目的地は、LUMINE 0(ルミネゼロ)。
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、ROM2計の『one second featuring 小林うてな/DIANA CHIAKI』です。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
バーチャルギャルモデルとして活動する「葵プリズム」が「SPINNS 渋谷109店」とコラボして生まれた「NEO渋谷センター街パーカー」が12月7日(土)に...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
新作「YEEZY BOOST 380 ALIEN」の再設計されたプライムニットとミッドソールは、ユニークな見た目だけでなく、素晴らしい履き心地も保証!
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「ORGANIZER AIR」。“世界最軽量記録”を更新したオーガナイザーです。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
カニ、エビ、貝を手づかみでワイワイ食べるシンガポール発のシーフードレストランDancing Crab東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F...