ずるいよ、喜美子さん。

熊本県在住のアマチュア写真家である89歳の西本喜美子さんが、はじめてカメラに触れたのは72歳のとき。写真のどんなところに魅力を感じて、続けることになったのかを聞いてみると、こう答えてくれました。

写真は自分が見て感じたものがそのまま絵になりますからね。それは、今まで体験したことのなかった世界でした。

05c8434c1fcdd750ae444b3aa086099a45e26092
All Photo by©Kimiko Nishimoto

西本さんがカメラと出会ったのは、長男の西本和民さんが経営する写真教室『遊美塾』がきっかけです。それから、周囲を「あっ」と驚かせるような、インパクトのある写真を撮影する日々が始まりました。

もともと、自分の写真を撮るというのは遊美塾の宿題でした。やってみると楽しくなって。写真はすべてその場の「思いつき」なんです。

 

撮影しているときは、特別な気持ちにはなりません。気が向いたときに撮ってる感じだから。ただ、毎年開催される『遊美塾写真展』が近づくと焦ってしまいます。

約17年も続けていることだから、どんな言葉がくるんだろうと、勝手に緊張しながら待っていた私。でも、飾ることのない、ありのままの答えに、心が和んでしまいました。

0f020aade6da93be57791caf2368a3331bb7663cEa775b12dab5f22f311ce856afb58a2c1a649fe6

普段は、週に2回ほどデイサービスに通ったり、遊美塾のクラフト講座に通ったり。意外と忙しいんです。

これが、写真家の活動をしていないときの日常。ちなみに、趣味はクラフトでバッグをつくることのようです。

98118e6215ac89cd33baf9110f78332f01d1cade

2016年に、初の写真集『ひとりじゃなかよ』を刊行するなど活動を広げる西本喜美子さん。12月15日から新宿で写真展も開催されます。今回の展示会では、インターネットで話題になった自撮り写真やデジタルアート作品に、未発表の作品も観ることができるのだとか。

16日には西本和民さんとのアーティストトークを開催。どんなお話をするのか質問したところ、「聞かれたことに答えることしかできないので、どうなるんでしょ」と、いうことでした。いろいろ気になる西本さんの『遊ぼかね』をチェック! 

■展示名:西本喜美子写真展『遊ぼかね』

■開催日:2017年12月15日(金)〜2018年1月18日(木)

■時間:10:30〜18:30 ※最終日は14:00まで

■休館:日曜日・12月28日〜1月4日の年末年始

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階)

■入場料:無料

■アーティストトーク

日時:2017年12月16日(土)15:00〜16:00(予定)

西本喜美子氏と西本和民氏(遊美塾・代表)によるアーティストトークを開催します。詳細は、コチラから。

3edc963976ebc2397b0b2ce90b61318c6a386e0a
Licensed material used with permission by 西本喜美子, 遊ぼかね
新宿の人通りは相変わらず多い。電車を降りたら、ミライナタワー改札を出て、NEWoMan(ニュウマン)の5階へ向かおう。目的地は、LUMINE 0(ルミネゼロ)。
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...