これはずるい!動物たちの「冬支度」が反則級のかわいさ

まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。

このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Partalさん。小さい頃から動物をテーマにしたアニメやファッションが大好きで、フルコーディネートした人間の体に動物の赤ちゃんの頭を組み合わせる「ズー・ポートレート」というシリーズを始めたそうです。

最初はモデルや俳優たちのフォトブックの宣伝のために始めたというこの企画ですが、今ではひとつのブランドになってしまうほど大人気に。

雨の日でもへっちゃら

コビトカバの赤ちゃん

なかなか目にすることのないコビトカバの赤ちゃんの正面画。水中の活動が得意なカバらしく、水に強い素材のコーディネート。

真っ白な雪景色の中に

白尾シカの赤ちゃん

アメリカ大陸では野生に棲む白尾シカ。雪景色に似合いそうなコーディネート。

反抗期まっさかり?

ヤギの赤ちゃん

古くから家畜として親しまれているヤギは、ちょっぴり反抗期のティーンエイジャーのような装い。飼い主と何かあったのでしょうか。

サル帽子がキュート

ニシローランドゴリラの赤ちゃん

アフリカ大陸に棲息するニシローランドゴリラは、どことなく落ち着いた色合いのお洋服。サルのニット帽が抜群にキュート。

ちょっぴりドリーミー

アメリカバクの赤ちゃん

夢を食べると言われるバクの赤ちゃんは、夢見る少女のようないでたちです。どんな素敵な夢を見ているのでしょうか。

やんちゃなおぼっちゃま

タスマニアデビルの赤ちゃん

オーストラリア南東のタスマニア島にだけ棲息する、タスマニアデビル。「デビル」という名前のせいか、凛々しくもやんちゃな様子。

気は優しくて力持ち

コディアックヒグマの赤ちゃん

大きくなると怖ーいヒグマも、赤ちゃんのときはこんなにつぶらな瞳。でも、服装はこれから成長した姿を思わせるワイルドさ。

危険な男の香り

ヒョウの赤ちゃん

飛行機乗りのような服装に身を包んだのは、ヒョウ。速さを追い求める危険な男の香りがします。

民族衣装のような
鮮やかな色彩

ボンゴの赤ちゃん

このシカのようなウシのような不思議な動物は、ボンゴ。ビビッドな色の組み合わせがおしゃれ。

出身は中国

チワワの赤ちゃん

世界でもっとも小さな犬として知られているチワワのご先祖様は、中国の小型犬だったという説も。ご先祖様にならってか、漢字の書かれた服をチョイス。

 歌でおなじみのあの動物

アイアイの赤ちゃん

日本では童謡でおなじみの動物、アイアイ。その見た目のせいで多くの地域では「不吉な動物」とされていたせいで、数が減ってしまったそうです。服装はどこか内気な青年のよう?

 ピシっ!

ボーダー・コリーの赤ちゃん

牧羊犬として広く親しまれていて、ショードッグやペットとしての人気も高いコリー犬は、優等生にふさわしい服装。

一流シェフの風格

ヒツジの赤ちゃん

真っ白な顔に真っ白なコック姿がとても似合っているヒツジの赤ちゃん。羊肉はオーストラリアやニュージーランドの定番です。羊乳もヨーグルトやチーズなどで消費されていますが、君がコック帽をかぶってていいのかい?

フォトグラファーのYago Partalさんは、このプロジェクトを通してみんなにもっと動物のことを知ってほしい、と考えているそうです。中には着ている服とその動物の生態がリンクしているものもたくさん見受けられます。

ズー・ポートレート」では、さらに詳しく見ることができますよ。

Licensed material used with permission by ZOOPORTRAITS

関連する記事

北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
「アダストリア」が、選べるデザインが限られる人に向けた服を開発・販売するインクルーシブファッションサービス「Play fashion! for ALL」を...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
雪国の冬の作業、雪かき、雪下ろしをコストを抑えて依頼したい人と、雪かきで報酬を得たい人とを繋ぐマッチングアプリ「Snow Bell」
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
「星野リゾート トマム」に冬の風物詩とも言える「アイスヴィレッジ」が2020年12月10日(木)から2021年3月14日(日)まで期間限定でオープン。
10月27日、野生動物が時折みせるオモシロさと自然保護活動の大切さを広める写真コンテスト「Comedy Wildlife Photography Awar...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失...