日本のかわいいおみやげ#4 北海道・遠軽の「動物寄木細工」

北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマなどの北海道の動物たちが主人公です。動物たちがかわいく、ときにはシュールに人間界で生活する様子が表現してあります。

表情だって小物だって、
想像以上の細やかさ

作品は手のひらにすっぽり入るサイズ感(ペンギン一匹・縦4cm)。その小ささのなかでも、あらゆる道具の質感まで細かく再現されているんです。数ある作品の中から一部抜粋して紹介します。

© ハナノ工場

「おいらはドラマー」
ペンギンリズムでノリノリだけど、ペダルに足が届かない

© ハナノ工場

「クマとエゾクロテン」
エゾクロテンにハイチーズ!!

© ハナノ工場

「コタツのある風景」
みかんを食べて、新聞読んで、ネコとコタツでポッカポカ

© ハナノ工場

「ゴミ出しペンギンとカラス」
カラスのディフェンスをかわして、上手くゴミをシュートできるか?


そして、極めつけがコチラ。
私の一番のお気に入りでもあるのですが、ペンギンたちがジンギスカンを食べているという世界観がとてもステキな作品(※スペシャルオーダー作品)です。

© ハナノ工場

「ペンギン家族のジンギスカンパーティセット」
北海道のソウルフードといえばなんといっても「ジンギスカン」

鍋の鉄っぽさやタマネギのぐるぐるなどに、ぜひ注目してみてください。「ハナノ工場」では、すべての作品に天然木を使用。どんなに細かい部分でも、一切着色せず、木そのものの色を活かしています。

若い人たちにも
もっと気軽に日本の美を
感じてほしい

© ハナノ工場

「ハナノ工場」がある北海道の遠軽町は、林業や木材加工業が盛んなまちです。工場長の三浦さんは、自身のお父さんが趣味で工房をつくり木工をしていたことから影響を受け、次第に木工の世界にのめり込んでいき、屋号をもつまでに。

寄木細工といえば、日本を代表する伝統工芸のひとつです。
そんな寄木細工を、もっと身近に感じてほしい、もっといえば「形式ばらず、気軽に日本の美や伝統を感じてもらいたい」ということを考えながらものづくりをしていくうちに「動物寄木細工」の作品がたくさん生まれたんだそうです。

「ハナノ工場」の作品の購入はオンラインショップや北海道内の販売代理店各店にて。ほか、オーダーメイド作品に関してはお店まで相談を(価格の目安はペンギン一匹2000円・税別)。

「ハナノ工場」
住所:北海道紋別郡遠軽町南町2-6-46
TEL:090-8276-7506(工場長直通)
電話受付:平日8:00~17:00
公式HP:http://hanano-factory.com/

Top image: © ハナノ工場
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...