日本のかわいいおみやげ#2 三重・津の焼き印カステラ「羊のカスティーリャ」

三重県津市にあるカステラ専門店が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラの表面にいる「くま」「ひつじ」たち……。こちらを見つめているかのような愛らしい表情がとってもかわいいです。

オリジナルの焼き印がいっぱい!
食べるのがもったいない…

焼き印カステラ「羊のカスティーリャ」
© DE CARNERO CASTE

店名の「DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)」は、スペイン語で「羊のカスティーリャ」という意味。羊である理由は、“羊のようなふわふわのカステラのイメージ”を込めているんだそう。コンセプトもかわいいです。

羊の焼き印のほか、「らぶくま」や「ネコ」、仏事用の「菊」など、イラストレーターとコラボした焼き印がたくさんあります。丁寧に焼き上げたカステラにひとつひとつ焼き印を押すという手仕事にこだわっています。

三重県産食材にこだわった
“極上のカステラ”

焼き印カステラ「羊のカスティーリャ」
© DE CARNERO CASTE

小麦粉「あやひかり」などの三重県産の食材を使い、専用オーブンで焼き上げたカステラはこんなにツヤッツヤ。食品添加物などの無駄なものは一切入っていません。ちょうどよい甘さとほどける口当たりで、「新食感」「極上のカステラ」なんて言われていたりします。

「羊のカスティーリャ」をゲットできる場所は、三重県津市の本店と大阪市西区新町の大阪店。オンラインショップでも購入できます。

「DE CARNERO CASTE Mie 」(デ カルネロ カステ 本店)
住所:三重県津市長岡町3060-1
TEL:059-253-3333
営業時間:11:00 - 18:00
定休日:水曜日
公式HP:https://decarnerocaste.net/
※本店のほか、大阪店もあり

Top image: © DE CARNERO CASTE
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第二弾は千葉・九十九里の工房で作られる「虹色風鈴」。ロマンチックな見た目は、ガラスに施された...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
デンマークのアウトドアブランド「ノルディスク」は、広大なアウトドアフィールド「Hygge Circles Ugakei by Nordisk」を2021年...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
青森と言えば、夏のねぶた祭り。祭りで使う飾りをイメージし、創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」が作ったのが「金魚ねぶた」という一口玉ようかんです。餡の中...
テニスプレイヤー・大坂なおみ選手が、女の子のスポーツ体験を向上し、人生を変える「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」を今月初旬に設立。
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
「カステラの研究所」をコンセプトにした新感覚のカステラ専門店「CASTELABO ICHIHARA」。千葉県市原市に2019年10月16日オープン。
静岡・熱海で長く愛されているお土産「ネコの舌」は、口に入れた時の舌触りが猫の舌のようなラングドシャ。かわいいと評判のパッケージは、このお菓子を作る老舗洋菓...
今週3日(水)、三重県はLGBT(性的少数者)への差別を禁止する条例を制定し、そのなかに“アウティング”の禁止条項を盛り込む方針であると表明した。
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...