日本のかわいいおみやげ#15 青森の紅玉ようかん「金魚ねぶた」

レトロでかわいい金魚の包み紙に包まれているお菓子「金魚ねぶた」は、青森県五戸町の紅玉りんごをジャムにして餡にたっぷり練りこんだという一口ようかんです。

とってもかわいいのですが、なぜ金魚なのか?それは、アノ青森の夏の風物詩を知っているならば、わかる人もいるかもしれません。

©2019 NEW STANDARD

この商品を作っている創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」は、青森県青森市にあります。青森と言えば、夏の「ねぶた祭り」を思い出す人も多いと思いますが、この時、祭りを盛り上げるためにと一ヶ月も前から、各家庭の玄関前に紙風船でできた「金魚ねぶた」と呼ばれる飾りをぶら下げるという風習があるんだそうです。

製造元の、上ボシ武内製飴所の社長・武内勝さんに商品の誕生秘話を伺うと……。

「もともとの商品として、りんごのひとくち玉ようかんがあったんです。でも、なんか見た目がおもしろくないねとみんなで話しながら、なんとなく“折り紙”に包んでみた。そしたらたまたまねぶたの時の飾りに見えて……」

コレダ!と思い商品化したのは、もうかれこれ40年ほども前のことだそうです(思っていたより歴史の長いお菓子!)。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

付属のつまようじをようかんにぷすっと刺すと、皮がむけてつるんと中身が出てきます。あまずっぱい紅玉は、お菓子の加工にとても適した種類のりんごですが、金魚ねぶたの餡の中には、青森県五戸町のおいしい紅玉がジャムになってたっぷり練りこまれているんだとか。ようかんに酸味は残っていないけど、頬張れば口の中いっぱいにりんごの風味が広がり、あんこもやさしい甘さで、何個でもポイポイ食べてしまいそうになります。

緑茶やお抹茶などもいいですが、きっと、紅茶のおともにしたら、それはそれは素敵なティータイムになるはず。2020に向け、グローバルなお菓子に成長する予感さえしています。

そんな「金魚ねぶた」は、青森市にある上ボシ武内製飴所の本店や、青森のいいものが揃うサイト「あおもり探検市場」でも購入できます。

「上ボシ武内製飴所」
住所:青森県青森市本町5-1-20
TEL:017-734-1834
営業時間:8:00~17:00
定休日:土日祝日
公式HP:http://www.jyoboshi.com/

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
「Camp Ride」は、日本全国でのキャンピングカー予約ができるほか、初めてキャンピングカーをレンタル(または購入)を考えている人に向けた関連情報を取り扱う。
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
今月30日(日)まで応援購入サービス「Makuake」にて、世にも珍しい“紅茶の抹茶”を商品化した「紅抹茶 あかまっちゃ」が限定販売中。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
3月8日、「果物の日」に青森県が動画を公開。とてもシンプルな内容ながら、思わず惹かれてしまうナイスなアイデアが盛り込まれた話題のCM。そのアイデアとは.....
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
乙女心をくすぐるお土産、石川・金沢の老舗和菓子店・諸江屋の「オトギクヅユ」。体を温めてくれて、滋養にもいい「葛湯」が、版画風のおとぎ話が描かれた小さな箱に...
ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧...
津軽で400年以上前から栽培されてきた在来種の唐辛子「清水森ナンバ」を使ってつくる「グリーンカレーペースト」。辛さのなかにもやらわかい甘みを感じる調味料です。
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
静岡・熱海で長く愛されているお土産「ネコの舌」は、口に入れた時の舌触りが猫の舌のようなラングドシャ。かわいいと評判のパッケージは、このお菓子を作る老舗洋菓...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
9月に開業する高架下の商業空間「日比谷OKUROJI」に、代官山の和菓子と和食の店舗「楚々」の持ち帰り専門店「和菓子 楚々」がオープンする。