日本のかわいいおみやげ#10 福島・会津美里の「赤べこぐい呑」

突然ですが、ウンウンうなずきながら話を聞く人のことを、おもに就活生界隈で「赤べこ」というらしいんです。なんだこの例え、新しい!と思ってしまいました。それを知った数日後、新宿駅でバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”を見つけました。なんだか最近、赤べこと若者の距離が縮まっているような気がしています。

これから紹介する「赤べこぐい呑」は、福島の会津美里町で造られる会津本郷焼のぐい呑ですが、そこにあしらわれている赤べこがとにかくかわいいんです。

器に赤べこ、刺さってる

© 2018 TABI LABO

見てください、この感じ。
立体的な赤べこが器を突き抜けています。

© 2018 TABI LABO

横から見てもこの感じ(ちょっと囚われの身風)。かわいいだけではなくて、この赤べこ、利便性にも一役買っていて、とってがわりに利用してもいいんだそうです。これで日本酒を飲むもよし、ちょこっとおつまみを盛るお皿としても活躍してくれそうですね。

そもそも、赤べこは福島県会津地方の郷土玩具。首がコクコク揺れる愛らしい姿の赤牛の張り子人形で、厄除けのお守りや幸せを運んでくる縁起物として親しまれています。モデルになっているのは、807年頃、福島県柳津町にある「福満虚空藏菩薩圓藏寺(ふくまんこくぞうぼさつえんぞうじ)」建立の時に、どこからともなく現れて難工事を手伝った赤い牛の群れだとか。

歴史あるものが
普段の生活に溶け込む

© 2018 TABI LABO
「赤べこぐい呑」1000円(税込)

「赤べこぐい呑」を手がけるのは、2007年からご夫婦二人で営む「会津本郷焼 陶房 彩里(いろり)」。“暮らしを彩るような器を造ってゆきたい”という想いで、この赤べこシリーズをはじめ、絵本の形をしたお皿、イラストマグカップなどかわいらしい作品を一つひとつ手造りしています。1593年からの歴史をもつ会津本郷焼も、807年頃の伝説が発祥といわれる赤べこも、お二人の作品を通してグッと身近な存在に感じられるように思います。

「赤べこぐい呑」は、オンラインショップから購入できます。また、「会津本郷焼 陶房 彩里」では随時、陶芸を体験することもできます。

「会津本郷焼 陶房 彩里」
住所:福島県大沼郡会津美里町字川原町甲1868-1
TEL:0242-56-5707
電話受付時間:9:00〜17:00
公式HP:https://www.irori-aizu.jp/

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
福島県・裏磐梯(うらばんだい)。ここに絶景スポットのひとつ「五色沼」があります。磐梯山の噴火により、火山性の水質が流入したこの湖は、季節や時間、天候、見る...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...