日本のかわいいおみやげ#5 長野の「オブセ牛乳」のお菓子シリーズ

「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。2013年に発売された焼きドーナツ、ブレッドからはじまり、ゴーフレット、キャラメル……と、現在(2018年9月時点)では8種類になりました。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが反響を呼び、地元の長野のみならず日本各地からも注目されています。

地元のソウルドリンク
「オブセ牛乳」を使って開発

© マルイチ産商

「オブセ牛乳」シリーズのお菓子は、長野県長野市に本社を置く食品卸売業の「マルイチ産商」が、同じ長野の小布施町の「オブセ牛乳」とコラボして企画した商品です。

そもそも「オブセ牛乳」とは、地元で半世紀以上にわたって愛されている牛乳で、学校給食でも飲まれているようなソウルドリンク。さっぱりながらもコクと甘みを感じられる味わいが特徴です。お菓子の開発担当者が「オブセ牛乳」に惹かれた理由も牛乳のおいしさにあり、だからこそ、牛乳の味を最大限に生かすことを使命とし、商品開発に取り組んでいるんだそうです。

牛乳感を大切にしたパッケージに
赤ちゃん天使のロゴマーク

© マルイチ産商

「かわいい」と定評のあるパッケージデザインはお菓子によって少しずつ違うものの、どのパッケージでも牛乳パックのイメージと「オブセ牛乳」の赤ちゃん天使のロゴマークが大事にされています。「赤ちゃん天使」は、戦後まもなく創業した「オブセ牛乳」が、栄養価が高い牛乳に子どもたちの健やかな成長を願って考えたもの。三日月の中で安心しきったように眠っている表情が、とってもかわいいです。

「オブセ牛乳」シリーズをゲットできる場所は、「マルイチ産商」のオンラインショップや長野県内のスーパー、道の駅など。東京にも取り扱い店あり。

Top image: © マルイチ産商

関連する記事

日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
そうめん専門店「そうめん そそそ」の新店舗「そうめん そそそ 研究室」が、渋谷ヒカリエにオープン。コンセプトは「そうめん研究室で自分好みのそうめんを研究し...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
トレインワーケーション体験会「第5回千曲市ワーケーション体験会」が来月24日(水)~26日(金)、長野県千曲市で開催される。
青森と言えば、夏のねぶた祭り。祭りで使う飾りをイメージし、創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」が作ったのが「金魚ねぶた」という一口玉ようかんです。餡の中...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
JA中野市は、長野県産生鮮きのこ(えのきたけ)と生鮮ぶどう(ナガノパープル)の「機能性表示食品」の届出が、消費者庁に受理されたことを、昨年11月12日に発...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
長野のイタリアンレストラン「ピュルンゴ」でジビエ料理を提供するオーナーシェフの長崎晃は、駆除された野生動物の皮を有効活用すべく、ライフスタイルブランド「I...
静岡・熱海で長く愛されているお土産「ネコの舌」は、口に入れた時の舌触りが猫の舌のようなラングドシャ。かわいいと評判のパッケージは、このお菓子を作る老舗洋菓...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
2020年4月、アウトドア用品の「スノーピーク」は、長野県白馬村に同社初の試みとなる体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKU...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...