日本のかわいいおみやげ#5 長野の「オブセ牛乳」のお菓子シリーズ

「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。2013年に発売された焼きドーナツ、ブレッドからはじまり、ゴーフレット、キャラメル……と、現在(2018年9月時点)では8種類になりました。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが反響を呼び、地元の長野のみならず日本各地からも注目されています。

地元のソウルドリンク
「オブセ牛乳」を使って開発

© マルイチ産商

「オブセ牛乳」シリーズのお菓子は、長野県長野市に本社を置く食品卸売業の「マルイチ産商」が、同じ長野の小布施町の「オブセ牛乳」とコラボして企画した商品です。

そもそも「オブセ牛乳」とは、地元で半世紀以上にわたって愛されている牛乳で、学校給食でも飲まれているようなソウルドリンク。さっぱりながらもコクと甘みを感じられる味わいが特徴です。お菓子の開発担当者が「オブセ牛乳」に惹かれた理由も牛乳のおいしさにあり、だからこそ、牛乳の味を最大限に生かすことを使命とし、商品開発に取り組んでいるんだそうです。

牛乳感を大切にしたパッケージに
赤ちゃん天使のロゴマーク

© マルイチ産商

「かわいい」と定評のあるパッケージデザインはお菓子によって少しずつ違うものの、どのパッケージでも牛乳パックのイメージと「オブセ牛乳」の赤ちゃん天使のロゴマークが大事にされています。「赤ちゃん天使」は、戦後まもなく創業した「オブセ牛乳」が、栄養価が高い牛乳に子どもたちの健やかな成長を願って考えたもの。三日月の中で安心しきったように眠っている表情が、とってもかわいいです。

「オブセ牛乳」シリーズをゲットできる場所は、「マルイチ産商」のオンラインショップや長野県内のスーパー、道の駅など。東京にも取り扱い店あり。

Top image: © マルイチ産商
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。