日本のかわいいおみやげ#5 長野の「オブセ牛乳」のお菓子シリーズ

「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。2013年に発売された焼きドーナツ、ブレッドからはじまり、ゴーフレット、キャラメル……と、現在(2018年9月時点)では8種類になりました。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが反響を呼び、地元の長野のみならず日本各地からも注目されています。

地元のソウルドリンク
「オブセ牛乳」を使って開発

© マルイチ産商

「オブセ牛乳」シリーズのお菓子は、長野県長野市に本社を置く食品卸売業の「マルイチ産商」が、同じ長野の小布施町の「オブセ牛乳」とコラボして企画した商品です。

そもそも「オブセ牛乳」とは、地元で半世紀以上にわたって愛されている牛乳で、学校給食でも飲まれているようなソウルドリンク。さっぱりながらもコクと甘みを感じられる味わいが特徴です。お菓子の開発担当者が「オブセ牛乳」に惹かれた理由も牛乳のおいしさにあり、だからこそ、牛乳の味を最大限に生かすことを使命とし、商品開発に取り組んでいるんだそうです。

牛乳感を大切にしたパッケージに
赤ちゃん天使のロゴマーク

© マルイチ産商

「かわいい」と定評のあるパッケージデザインはお菓子によって少しずつ違うものの、どのパッケージでも牛乳パックのイメージと「オブセ牛乳」の赤ちゃん天使のロゴマークが大事にされています。「赤ちゃん天使」は、戦後まもなく創業した「オブセ牛乳」が、栄養価が高い牛乳に子どもたちの健やかな成長を願って考えたもの。三日月の中で安心しきったように眠っている表情が、とってもかわいいです。

「オブセ牛乳」シリーズをゲットできる場所は、「マルイチ産商」のオンラインショップや長野県内のスーパー、道の駅など。東京にも取り扱い店あり。

Top image: © マルイチ産商

関連する記事

日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...