日本のかわいいおみやげ#16 石川・金沢の「オトギクヅユ」

金沢にある、江戸時代末期の嘉永二年(1849年)から170年に渡り和菓子屋を営んでいる老舗・諸江屋には、それはそれは「乙女心をくすぐる葛湯」があります。

それが、「オトギクヅユ」。

「葛湯」は昔からあって、風邪を引いたり体調のよくない時にごはんの代わりに飲んだりもしていたもの。優しい甘さで、寒い朝や夜に体を温めるのにもおすすめですが、腹持ちもいいので、ダイエット中の人や、年末年始の暴飲暴食で体が弱っている人にプレゼントするのもいいかもしれません。

ちょっと版画風のデザインが
かわいいです

©2019 NEW STANDARD

「オトギクヅユ」は、一杯分ずつ小分けになった葛湯のもとが、おとぎ話が描かれた小さな箱に入れられています。

諸江屋には昔、「オトギシルコ」という商品があって、そこには、食べながら楽しんでもらうための読み物として「おとぎ話のしおり」が入っていたんだそうです。その後、今度は葛湯を作りたいねとなった時に、この商品を思い出し、包装をおとぎ話のデザインにしよう!と言って出来たのが、「オトギクヅユ」の始まりなんだとか。

おとぎ話のラインナップは「桃太郎」、「カチカチ山」、「金太郎」、「花咲か爺さん」の4種類。桃太郎は仲間が全員集合し、いよいよ鬼退治へ向かうシーン。金太郎は熊を投げ飛ばし、花咲か爺さんは枯れ木を満開にし、意地悪だぬきの背中からは火が。いずれもお話の名場面ですが、これらがちょっと版画風のかわいいデザインになっていて、眺めているとほっこりした気持ちになってきます。

©2019 NEW STANDARD

中の葛粉を器にあけてみると、さらに中から小さな「焼き餅」が出てくるのですが、じつはこれも花咲か爺さんの「さくら」とか、桃太郎の「桃」とか、4種類あるお話に関係したモチーフになっています。その中から、ランダムに2個ずつが一袋に入っているので、どれが入っているかは開けてみてのお楽しみ。かわいいだけでなく、焼き餅の香ばしさが味のアクセントにもなっています。

箱の絵や焼き餅のモチーフを眺めるのとともに、「どんな話だったっけな〜」と思い出しながら葛湯を飲むのも楽しいかも。

多めのお湯でサラサラ
少なめのお湯ならモチモチに

©2019 NEW STANDARD

葛湯のもとである「葛粉」は、葛というマメ科の多年草の、塊根に含まれるデンプンを精製して粉にしたもの。葛湯は、これをお湯で溶いて食べるのですが、多めのお湯で作れば飲み物になるし、少なめのお湯で作ればお餅のようなモチモチ感を楽しむこともできます。

せっかく作るのだから美味しいものを作りたいと、諸江屋では熊本を中心に九州の方から葛粉を仕入れているんだとか。

そういえば、風邪のひき始めに「葛根湯」を飲む人も多いと思います。葛根湯も「葛」の根っこを生薬として作られた漢方薬。滋養があって、あったまって、喉が痛い時なんかにもいいと言われて重宝されていますが、葛湯にも、腸を整えてくれるなんて話もあるそうですよ。

諸江屋の「オトギクヅユ」、かわいいだけじゃない実力の持ち主かもしれません。金沢にある諸江屋の本店と、オンラインショップで購入出来ます。8個入りの箱が、本のようになっているのもかわいい〜。

©2019 NEW STANDARD
Top image: © 2019 NEW STANDARD
石川県金沢市の「Neighbors Inn Kanazawa」は、長期滞在者には嬉しい低価格が人気のゲストハウス。ここに宿泊する時は、同じ会社が運営してい...
静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
青森と言えば、夏のねぶた祭り。祭りで使う飾りをイメージし、創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」が作ったのが「金魚ねぶた」という一口玉ようかんです。餡の中...
静岡・熱海で長く愛されているお土産「ネコの舌」は、口に入れた時の舌触りが猫の舌のようなラングドシャ。かわいいと評判のパッケージは、このお菓子を作る老舗洋菓...
キム・カーダシアンの写真からお尻を研究し、3Dデータ化して作り出したアイテムの紹介。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
食べ始めたら止まらなくなります。醤油の町・金沢大野に拠点を構える、老舗の佃煮製造会社がつくった、くるみの飴煮。佃煮と同じく釜炊きの製法でつくられたもので、...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...