日本のかわいいおみやげ#12 香川・高松の「プシプシーナ珈琲」

プシプシーナ。かわいい響きです。
そして、一度聞いたらずっと耳に残る響きです。

プシプシーナというのは、ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です。香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。オーナーの登尾さんが、トーベ・ヤンソンさんのファンであること、2006年のオープン当時に登尾さんが飼っていた猫がプシプシーナにそっくりだったことから名づけた名前なんだそうです。

おいしいコーヒーと
「ねこ部長」

©2018 プシプシーナ珈琲
ガテマラ、タンザニア、デカフェコロンビアのセット
「Top of mountain coffee packs1パック×3種セット」

「プシプシーナ珈琲」といえば、雑味のないおいしいコーヒー、そして、どことなく無愛想な猫のキャラクター。このキャラクターは「ねこ部長」と呼んでいるそうで、登尾さんが飼っていた猫のジジがモデルになっているとか。ふてぶてしい感じがかわいいです。

コーヒー豆以外にも「ねこ部長」のグッズや、パッケージに「ねこ部長」があしらわれたお菓子が販売されているのですが、どれも紹介せずにはいられないかわいさです!

©2018 プシプシーナ珈琲
ホットにもアイスにも対応しているタンブラー「ウォールマグデミタ」
©2018 プシプシーナ珈琲
高知県産のショウガを凝縮したお菓子「ショウガトウ」。コーヒーのお供にも◎

猫のようなコーヒー!?

©2018 プシプシーナ珈琲

プシプシーナ珈琲が目指しているコーヒーは

くらしの中に猫のようにそっと寄り添えるような静かに美味しい(ときどき激しい)コーヒー

ということなのですが、コンセプトが斬新でかわいいです。

コーヒーづくりへの想いを「自分が最良、と思える仕上がりのものをぶれずにお届けすること」と教えてくれた登尾さん。少量ずつの焙煎、丁寧なハンドピックを経て、煎りたての状態で届けられるプシプシーナ珈琲は、繊細でクリーンな味わい。その味からは、登尾さんの丁寧な手仕事を感じとれるような気がします。

「プシプシーナ珈琲」のコーヒー豆やグッズをゲットできる場所は、香川・高松の「プシプシーナ珈琲」オンラインショップからも購入できます。

「プシプシーナ珈琲」
住所:香川県高松市朝日町2丁目19-16
TEL:087-822-7332
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日、木曜日
公式HP:http://www.pushipushicoffee.com/
※併設のカフェスペースでは、煎りたて挽きたてのコーヒーを楽しめます

Top image: © 2018 プシプシーナ珈琲
他の記事を見る
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。
季節のフルーツ、それも地元産を使ったカラフルで見た目もかわいい「アレンジドリンク」。国宝「犬山城」をいだく愛知県犬山市。現存する日本最古の天守閣と、歴史を...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...