日本のかわいいおみやげ#9 大阪の箕面ビールオリジナルグラス「おさるグラス」

大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。そんなおさるがモチーフのかわいいグラスを見つけました。

おさるは「箕面ビール」の
キャラクター

©箕面ビール

グラスに描かれているおさるは、箕面生まれのローカルビール「箕面ビール」のキャラクター。何かを見つめているようななんともいえない表情が、とってもかわいいです。

この「おさるグラス」は、箕面ビールの周年祭や直営店で使われているオリジナルグラス。写真のものは、容量270mlの小さいサイズ(650円・税込)で、どんな飲み物とも相性がよさそうです。ほかにも「クラフトビールグラスIPA」や「クラフトビールグラスSTOUT」など、それぞれのクラフトビールの香りや味わいを最大限に引き出してくれる専用グラスもあります。

箕面らしさを表現した
“楽しくて、美味しいビール”

© 箕面ビール
シーンを選ばない「定番ビール」。王冠がかわいいおさる仕様!
© 箕面ビール
新しいスタイルに挑戦したものやフルーツ系の「シーズナル・ビール」

ビールを愛してやまないスタッフたちが、地域の人と関わりながら製造しているビールは“箕面らしさ”を追求したものばかり。自然と人が共存し、おだやかな時間が流れる箕面市で、地域の農家の皆さんの収穫をお手伝いしたり、イベントを行ったり、自らも楽しみながらビール造りを行っています。

「ワールド・ビア・アワード」などの世界的な品評会において受賞の常連という一面を持つ箕面ビールですが、立ち位置はあくまで親しみやすいデイリービール。とくに箕面や大阪で、日常的に飲まれ愛されているビールです。

「おさるグラス」をゲットできる場所は、大阪・箕面の直営店「WAREHOUSE」オンラインショップなど。箕面ビールの取扱店はこちらから。

「WAREHOUSE」(箕面ビールの直営店)
住所:大阪府箕面市牧落3-14-18
TEL:072-725-7234
営業時間:物販 10:00~21:00
パブ 11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:木曜日
公式HP:https://www.minoh-beer.jp/

Top image: © 箕面ビール
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...