大阪の隠れた名物!カラフルで、ころんと可愛い「森のおはぎ」って?

きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!

小さな小さなお店の
「素材の味」がするおはぎ

16e790be24a685561cadd41a852d0362eb21cc93

くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。

067274772da010b96ab7f0ad422e91d2257175e4486b92e7feb06534e61d98523622b1ff23089177

小さな商店街にある小さな小さなお店は、注意していないと見落としてしまうほどなのだそう。

Af0612b5f4acbdf1eb7466e240cc211f193ef499

テーマは「素材の味がするお菓子」。カラフルでころんとしたフォルムが可愛いですよね。

それではラインナップの一部を紹介しましょう!

【定番5品】
01.
大納言雑穀もち

139bb14008859de7bd74d1518c8d91e0c43d9ab4

大粒でなめらかな、北海道産大納言小豆を使用。お餅は雑穀入りなので、プチプチの食感が楽しめます。

02.
深炒りきなこ雑穀もち

6e99d8f1b596d7ec63dd8385cfba2ae6b6e372f9

京都から取り寄せた深炒りのきなこを使用。若干のほろ苦さと、一般的なきなこにはない香り高さが特長で、中には北海道産小豆を使った甘めのあんを忍ばせています。

03.
ほうじ茶黒米もち

Ab595b10bd5268bd3d935f2c0efc47014a98b4af

京都の老舗のほうじ茶を、細かく砕いてあんに練りこんでいます。ほろ苦さの後には、ほうじ茶の香ばしくて甘い香りが。

04.
本醸造みたらし雑穀もち

F301357f80a84d8fff90104503afc37eabd03072

博多「ジョーキュウ醤油」の100年以上使われている木桶。そこで作られた再仕込醤油を使用したタレは、香りとキレが格別。お餅を炙っているので、香ばしさも楽しめます。

05.
くるみ黒米もち

Ebde93a5cdb657a8710d412bdc52eefa57810ee2

あんに練りこんだのは、焼いて風味を出したくるみ。細かく砕いたものと、粗く刻んだものの両方を使用しています。滑らかな中のコリっとした食感が◎。

【準定番…気まぐれ販売】
01.
揚げごま黒米もち

27284c731a4c3a849a60367e42f5ee477d880c15

香りのよい白ごまを少量の油でさっと揚げ、たっぷりとおはぎにまぶしています。中華のごま団子にも似た味わいですが、こちらのほうがよりあっさり。

02.
黒ごま黒米もち

7dbd8642ce2f33f5ae5e01402d944149fcf19ef0

あんもお餅も黒い、真っ黒おはぎ。練り黒ごまを入れたあんは、他にないコクが味わえます。

このほか、季節に合わせた
限定品も登場!

79b0064bf03889fc77e830eb7c59a77b8a6792d9

こちらは焼きみそ、焼き栗、抹茶きなこ、大納言。ちなみにおはぎ以外にも、わらび餅や最中も大人気の模様です。

大阪・北新地には姉妹店「森乃お菓子」があるほか、市内の主要百貨店では不定期での販売も実施中。詳しくはHPをチェックしてみて!

【店舗概要】
森のおはぎ
・住所:
大阪府豊中市中桜塚-2-25-10
・TEL:06-6845-1250
・営業時間:
10:00~13:00、14:00〜売り切れ
・定休日:日曜、月曜、祝日は不定休(お彼岸やお盆前半は開店)

Licensed material used with permission by 森のおはぎ
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
これは、これだけは、首元がヨレても着続ける!
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、都内の桜餅の名...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...