6席しかないのに、なぜか通っちゃう大阪の名店「さささ」

自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。

しかも、職場や自宅の近くだとしたら…。

この取材の日に出会った常連さんは、こんな風に話してくれました。

「ぼく、銭湯が好きなんですけど、自宅と銭湯のちょうど中間にこのお店があったんです。最高でしょ?」

大阪の福島駅から徒歩10分ほどにある「居酒屋 さささ」は、オープンして1年ほど。さまざま飲食で経験を積んだ女店主のエリさんが、ひとりで切り盛りする、元気がもらえるお店なんです。

「6席しかないですけどね」

664ab9a540c253bf6a055d96504bdd8f37aae77f

ウソでしょ? っていうくらい狭いけど、それがまたいいんです。6席しかないのに人気だからすぐに席がいっぱいになることもあります。でも、そのぶん先にいたお客さんが譲ってくれたり、みんなが協力してくれるというから、なんだか居心地がいい。

お店のオープンは15時からと、かなり早め。

エリさん曰く、

「なんでか、15時がピークのときもありますからね(笑)」

14e43f4f675181cfd83d2309181da91bbf22b268

3,000円使うのが、
むずかしい。

6854acb81b560f59c5cd3d93b749391f3430dfd8

文頭で語ってくれた常連さん、ここでも登場。

「基本、家にありそうなものなのに美味しく作ってくれるのが『さささ』のいいところ。あとね、安いんですよ。いつかこの店で1万円使うって宣言してるんですけど、3,000円でも至難のワザですよ」

日替わりと、定番メニューをバランスよく頼んでみました。

3436e7013e9ec63aeb6c6e0477a581863b9836d1

鮭の白子 生レバー風。

B5c29f3c7ce8bbcfd820d4ada1264862fa96fe28

赤ウインナー、クリームチーズのねぎおかか和え、梶原家(店主の実家)のいそべもち。

じつは、2階も渋いんです。

7e476b6bb8b89908ae8c3a7fde42908d9619f7a7

忍者屋敷のような急な階段を上っていくと、パーティもできそうな2階スペースがあります。

F5b32ef5e73a834634591a5f2e063863131982d9

堂々と「持ち込みOK」と書いてあったり、

65a4dd2dde7174c0d945eb0d3d9f305174feea4f

懐かしのレコードが飾ってあったり。

「一緒に名店にしていきたい」
と思えること

3f8e2fcd119c85cbb1356eadd7ec2869f5a3ca3d

お店の人とお客さん、という間柄ではなく、「みんな一緒の仲間」というような、そんな感覚。「さささ」で味わえるのは、そんな居心地の良さだし、自分も一緒にお店と成長しているような——。

最後に、店名の由来を聞いてみました。

「あぁー、なんか意味のない言葉にしたかったんです(笑)。リズムというか、ノリというか。私の口グセでもありますし、いくつかの意味があると思うので、ご自由に想像してもらって大丈夫ですよ」

この、絶妙なゆるさが、きっとまた足を運ばせる。

3bb1d9f7f81491acb23b4b172740c2e9f95bfb4f79a64afd0029e50419035c2855003823bbf4e978Ea9f20d4283cc84722769bc0a88bcff78e74f9db277155ab3302757bf16cccd908b8a323b627b461

「居酒屋 さささ」

住所:大阪府大阪市北区大淀中3-1-15
(最寄駅:福島駅)
営業時間:15:00〜23:00
定休日:木曜日

Photo by JAPAN LOCAL
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
いろんなストーリーが浮かんできます。
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...