「東京にはない店」と梶原由景。
「(食)ましか」の気軽さと料理の質

クリエイティブディレクター梶原由景の名を、食の情報から知る人は少なくありません。豊富な食体験と鋭い洞察力に裏打ちされた、SNSやブログの食レポを目にすれば、生唾を飲み込むのも一苦労。

そんな梶原氏がグルメ情報番組の企画・プロデュースにおいても手腕を発揮する『どやメシ紀行』(J:COMチャンネルで好評放送中)を知ってますか?

自ら“大人の悪ふざけ”と形容する同番組で紹介された関西の飲食店より、押さえておくべきオススメの店をピックアップ。独自の視点で語っていただきました。

第三回は「東京と大阪、飲み屋の差異」にフォーカスします。

梶原 由景

クリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」代表。異業種コラボの草分けとして様々な企業・ブランドとのプロジェクトに取り組む。2015年11月、藤原ヒロシと「Ring of Colour」を立ち上げ情報発信中。食にも精通するトップクリエイター。

大阪の飲み屋には
庶民のパワーと勢いを感じます。

──まずは、立ち飲みにフォーカスして伺います。東京にも立ち飲みのスタイルはありますが、大阪と比較するとどういったところに違いがありますか?

 

端的に言えば勢いの差でしょう。

大阪をはじめ関西では若い子でも気軽に飲食を始められます。だから次々新しい店が生まれる。

顕著なのが裏なんばです。賃料の問題はもちろんありますが、まずはやってみて、人気になると徐々にお金も回り始めて拡大していく。こういう勢いは東京よりはるかに上。

大阪には安くてうまいものが多いとは思いませんが、東京にはない飲食業全体の勢いを感じます。大阪で起こってる立ち飲みが神戸に飛び火したり、カレーブームも京都へと派生したり。そうした食の震源地になり続けているのが大阪。

 

──東京の立ち飲みは勢いを感じない?

 

というよりもオジさんばかりが集まる店か、若い女性が集まるおしゃれな店。二極化が激しく、その中間がありません。みんなが軽い気持ちで集える立ち飲み、二軒目三軒目に顔を出せるような店が東京は本当に少ない。

大阪は客層も年齢層もバラバラ。おっちゃんが若い子のお酒をおごってあげるなんて、しょっちゅう見かけますよ。地域性でしょうね。

 

──つまりは、酒飲みカルチャーの違いなのでしょうか?

 

確実に言えるのは大阪人のほうが食に貪欲だってこと。庶民パワーも強い。

それから地理的条件もある。大阪はエリアが密集してますから。ハシゴするにもタクシーでどこでもスッとでしょ。東京の場合、渋谷で飲んでそこから下町に移動しようとなっても、タクシーだとそれなりに距離がある。かといって地下鉄に乗れば興ざめするし。

 

──ちょうどいい距離感って重要ですね。

 

ホッピングできるような距離にいい店がないから、京成立石のような飲み歩きできる街に若い子たちが注目したんだと思います。

 

──東京で居酒屋の路上(はみ出し)営業に行政が柵を設置し対策した。というのがニュースにもなりました。大阪にも似たようなケースはあると思うんです。

 

たとえば福岡だって、本当は観光資源としていちばん価値があるはずの屋台が最近おかしなことになっています。杓子定規なことをやってしまうとパワーが失われていきますよね。

その点、大阪はいろんな要素があって杓子定規できないところがあるんだと思います。だからよそと比べて勢いがあるんだろうな。

梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
独創的なタコスが人気の「ロス タコス アスーレス」。
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
世界中で人気の料理番組『マスターシェフ』に特化したレストランが、ドバイのホテル「Millennium Place Marina」にオープンします。メニュー...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
「良い店とは、味ではない、女の子を落とせる雰囲気だ!」という遊び心溢れたコンセプトのデート指南書&レストランガイド『東京いい店やれる店』。下世話なネタをウ...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...