「炭焼きむら」で出会った、梶原由景が大阪の焼き鳥に求める「焼き加減」

業界きっての食通として知られる、クリエイティブディレクター梶原由景氏。SNSやブログで随時更新する鋭い洞察力で描写された食レポは、おいしいものに目がない人たちにとってバイブル的存在。

そんな梶原氏がグルメ情報番組の企画・プロデュースにおいても手腕を発揮するのが『どやメシ紀行』(J:COMチャンネルで好評放送中)。知ってました?

自ら“大人の悪ふざけ”と形容する同番組で紹介された関西の飲食店より、押さえておくべきオススメの店をピックアップ。独自の視点で語っていただきました。第二回は「焼き鳥の焼き加減」にフォーカスしてご紹介。

梶原 由景

クリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」代表。異業種コラボの草分けとして様々な企業・ブランドとのプロジェクトに取り組む。2015年11月、藤原ヒロシと「Ring of Colour」を立ち上げ情報発信中。食にも精通するトップクリエイター。

東京は焼き鳥。大阪は鳥焼き

──関西にもおいしい焼き鳥屋さんがあるかと思いますが、あまりどやメシでは見かけません。なにか理由があってのこと?

こう言うと語弊があるかと思いますが、関西でおいしい焼き鳥に出会う確率ってかなり低いと僕は思います。

──のっけから核心ですね。

というのも、本来焼き鳥・やきとんは東京の食べものだから。鳥を焼いて食す料理は平安時代からあるようですが、串に打つ形態になったのは江戸。

文明開化を経て労働者の食べものとして発展しているはずなんです。新橋のあたりで新鮮なモツを焼いて安く食べさせたり。おそらくスタイルだけが全国に散っていったんじゃないですか。

──九州や北海道は豚バラも焼き鳥ですよね。

九州は九州で独自の発展を遂げたんだと思います。豚バラにもしても野菜巻きにしても。

──すると、大阪は大阪風ですか?

いえ。

東京風ではありながら、ものがまったく違う。マインドの違いというか。大阪で名店と言われる店に行っても東京には及んでないと思いますけどね。

──具体的にどこが違うんでしょう?

僕が気になっているは“タレの焼ききり”の感じ。思い切りがない。じゅわっとしているのが肉汁ではなく大阪はタレなんです。タレが煮えた状態に近いというか。好みの問題もあるでしょうが、僕は断然東京派。

東京は焦げるほどに焼ききって提供される。あれが焼き鳥です。大阪はもっぱら鳥焼き。そういう意味でおいしい店はいくつもあるんですが、やっぱり焼き鳥なら東京に分があるな。

関連する記事

梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失った銘柄鶏を、自宅で手軽に楽しめる焼き鳥キット「べランディング鳥幸」。すでに4000セット完売と勢いが止まらない!
ファッション業界きっての食通として知られるLOWERCASE代表・梶原由景氏がフードブースを監修。「梶原由景のうまいもの市」

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...