「炭焼きむら」で出会った、梶原由景が大阪の焼き鳥に求める「焼き加減」

業界きっての食通として知られる、クリエイティブディレクター梶原由景氏。SNSやブログで随時更新する鋭い洞察力で描写された食レポは、おいしいものに目がない人たちにとってバイブル的存在。

そんな梶原氏がグルメ情報番組の企画・プロデュースにおいても手腕を発揮するのが『どやメシ紀行』(J:COMチャンネルで好評放送中)。知ってました?

自ら“大人の悪ふざけ”と形容する同番組で紹介された関西の飲食店より、押さえておくべきオススメの店をピックアップ。独自の視点で語っていただきました。第二回は「焼き鳥の焼き加減」にフォーカスしてご紹介。

梶原 由景

クリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」代表。異業種コラボの草分けとして様々な企業・ブランドとのプロジェクトに取り組む。2015年11月、藤原ヒロシと「Ring of Colour」を立ち上げ情報発信中。食にも精通するトップクリエイター。

東京は焼き鳥。大阪は鳥焼き

──関西にもおいしい焼き鳥屋さんがあるかと思いますが、あまりどやメシでは見かけません。なにか理由があってのこと?

こう言うと語弊があるかと思いますが、関西でおいしい焼き鳥に出会う確率ってかなり低いと僕は思います。

──のっけから核心ですね。

というのも、本来焼き鳥・やきとんは東京の食べものだから。鳥を焼いて食す料理は平安時代からあるようですが、串に打つ形態になったのは江戸。

文明開化を経て労働者の食べものとして発展しているはずなんです。新橋のあたりで新鮮なモツを焼いて安く食べさせたり。おそらくスタイルだけが全国に散っていったんじゃないですか。

──九州や北海道は豚バラも焼き鳥ですよね。

九州は九州で独自の発展を遂げたんだと思います。豚バラにもしても野菜巻きにしても。

──すると、大阪は大阪風ですか?

いえ。

東京風ではありながら、ものがまったく違う。マインドの違いというか。大阪で名店と言われる店に行っても東京には及んでないと思いますけどね。

──具体的にどこが違うんでしょう?

僕が気になっているは“タレの焼ききり”の感じ。思い切りがない。じゅわっとしているのが肉汁ではなく大阪はタレなんです。タレが煮えた状態に近いというか。好みの問題もあるでしょうが、僕は断然東京派。

東京は焦げるほどに焼ききって提供される。あれが焼き鳥です。大阪はもっぱら鳥焼き。そういう意味でおいしい店はいくつもあるんですが、やっぱり焼き鳥なら東京に分があるな。

梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
人生は、選択の連続です。たった1日の中でも、些細な選択が求められるシーンは多々あります。そんな時に役立つのが、『モノの見分け方事典』から紹介する、“本当に...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
WeWorkが驚きの決定。従業員に食肉を含む食事経費の払い戻しをしないと発表しました。これは日本を含む各国の全社員約6000人に適用されます。
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。