大阪の食の悦楽を理解するなら「アンケラソ」と、梶原由景

クリエイティブディレクター梶原由景氏が手腕を発揮するグルメ情報番組『どやメシ紀行』(J:COMチャンネルで好評放送中)。自ら“大人の悪ふざけ”と形容する関西圏の飲食店に特化したコンテンツは、ハイエンドマーケットにおける氏のクリエイティブとのギャップも見どころのひとつ。

とはいえ、そこは業界随一の食通。登場する店も料理もさすがのひと言。番組で紹介された飲食店より、押さえておきたいオススメ店をピックアップ。独自の視点で関西の飲食事情を語っていただきました。

第四回は「関西焼肉の悦楽」がテーマです。裏なんばの注目店も見逃せません!

梶原 由景

クリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」代表。異業種コラボの草分けとして様々な企業・ブランドとのプロジェクトに取り組む。2015年11月、藤原ヒロシと「Ring of Colour」を立ち上げ情報発信中。食にも精通するトップクリエイター。

焼肉は、関西に一日の長あり

──大阪に本店を置く焼肉屋の東京進出が増えました。梶原さんは東京と大阪の焼肉の違いをどう捉えていますか?

 

じつは僕、肉はあんまり好きな方じゃないんです。とくにステーキが苦手。肉ばっかりって、ちょっと重たくないですか?

ところが、関西でもとくに大阪・なんばの小汚い焼肉屋を訪れると、なぜか抵抗なくいけてしまう。眼が覚めるくらいおいしいんですよね。

 

──雰囲気がそうさせるのでしょうか?それとも味?

 

なんでなんだろうってずっと考えていたら、やっぱり肉食文化の厚みが違うんだというところに落ち着きました。

第二回目「炭焼きむら」でも話した焼き鳥の捉え方が違うように、焼肉も東西でだいぶ異なります。東京はサシの入った霜降りの肉で脂の味を喜ぶ人が多いのに対し、関西の人は肉自体の味を好む。

 

──肉の味わい方にも大きな違いがありそうですね。

 

わかりやすい例でいうと、熟成の概念も関西の方がずっと早かった。東京の人が熟成肉を重宝がる前から、当たり前のように熟成して提供していましたから。

肉の扱いかたひとつとっても関西に一日の長があると思います。

 

──番組に登場する店をみても、ホルモンから串焼き、薄切り肉をステーキと呼んでいたり、東京とは異なる焼肉の楽しみが大阪にはありますね。

 

関西の焼肉は本当に奥が深い。まだ掘りきれてませんが、どやメシでもそこにもっと言及できたらなと考えているんですけどね。スタッフのみなさんが焼肉ってだけで舞い上がっちゃうから(笑)。

梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
今日のスパイスカレーブームを牽引してきた、東京・中目黒の老舗スリランカ料理店「セイロン イン」。オススメはフィッシュカレーです。
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
梶原由景さんが関西で推薦する飲み屋情報。『どやメシ紀行』を語り下ろす。
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...