台湾発・食雑貨セレクトショップ「神農生活」が大阪「あべのハルカス近鉄本店」にオープン

2020年秋頃台湾人気食雑貨セレクトショップ「神農生活」1号店が、大阪「あべのハルカス近鉄本店」にオープンする。

「神農生活」は、ニューヨーク発祥の「食に関するセレクトショップ」に強くインスピレーションを受け、料理を食べることや作ることが好きな人のために「夢のような食材が集まる場所を提供したい」と考えて生まれたブランド。バイヤーが台湾全土を回り“おいしさ”“安心、安全”であることを基準に、生産者から直接買い付けた有機食材自然派食品などこだわりの商品が数多く揃っている。

また、その洗練された空間デザインディスプレイに加えて、商品のパッケージデザインなどもハイセンスなことから、台湾国内だけでなく日本人旅行客からも注目され、SNSなどにもたびたび登場し、多くの人から絶大な支持を集めている。

自分たちが良いと認めたこだわりの商品を集めたライフスタイル提案型のスーパーマーケット「神農生活」。秋のオープンがじつに待ち遠しい。

©2020 株式会社近鉄百貨店
©2020 株式会社近鉄百貨店
©2020 株式会社近鉄百貨店
Top image: © 2020 株式会社近鉄百貨店
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
フライドポテトを主役としたクラフトポテト専門店「POTALU(ポタル)」。大阪府大正区の複合施設「TUGBOAT TAISHO」に1/18(土)オープン。
10月11日、台湾発のドリンクブランド「Milksha(ミルクシャ)」が日本初上陸。東京・青山に日本第1号店をオープンする。
10月26日、LA発のセレクトショップ「I’M OK(アイムオーケー)」が代官山・八幡通沿いにオープン。世界中の200以上のブランドから集められたアイテム...
大阪のセレクトショップ「Silver and Gold」のオリジナルブランド「SGGM」と「SUBTLE authentic」を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
首元がヨレたり全体的に色褪せた状態の方が、その魅力がより一層引き立ちそう。