ショッピングの新しい形は「トモダチノ家」にある。

大阪・北浜にまた「ライフスタイルショップ」がオープンした。

ライフスタイル誌『nice things.』が手掛ける〈トモダチノ家〉。

生活に必要なものなら、Amazonをはじめ通販サイトでなんでも購入できるんだけど、ライフスタイルショップでは一体何を買えばいいんだろう?

彼らいわく、ここは「店」ではなく「家」なのだそうだ。ということは、「購入」だけじゃない体験ができるってこと?

さて、この家で何をしよう?

1.
「作家のアトリエ」にいる気分が味わえる

6679578705657856

土を掘るところから制作がスタートする鹿児島の陶磁器ブランド〈ONE KILN〉の器の原土。

5989442154135552

まるで紙袋のような瀧川かずみさんの帆布バッグは、コーヒーや紅茶で染めたあと、蝋引き加工を施すという「ふた手間」かかったバッグ。

4797778781798400

作家からの直筆のコメントが店内のあちこちに。

誌面を通して「物が生まれるまでの背景」を伝えてきた雑誌だけに、トモダチノ家には、作品の材料や作家からのメッセージなどが展示されていて、「背景」が誌面上ではなく、リアルな場所で体験できる。

2.
「丁寧な暮らし」がお試しできる

4963842350120960

ここではホウキの貸し出しも無料でしてるんだって。いわゆる「丁寧な暮らし」には憧れてないよって人も、一度トライしてみてもいいかも!

3.
「図書館」のように借りられる
クリエイターが選書した本

54264922007142404874768352280576

雑誌で取材してきた職人、作家、料理家などが選書した本が並んでいる「みんなの本棚」。店内のベンチや、1階にあるカフェ〈EMBANKMENT Coffee〉で読んでもOKなんだけど、借りていって自宅で読んでもいいんだって。(返却は1ヶ月までに!)

バックナンバーも揃ってます。

4.
「ショールーム」のように
家具や照明を見て回れる

50224944235151366017961408069632

ここにある家具や照明のほとんどが購入可能。〈仁平古家具店〉や〈アポロギア〉の家具、〈飛松陶器〉のランプシェードなんかが置かれています。

5.
「雑誌を眺める」ように
展示企画が楽しめる

5381022992564224

約3ヶ月ごとに展示内容が変わっていくので、雑誌の特集を眺めるように、何度訪れても楽しめる空間になっている。

この日は、「器の約束」「成長物語」「ふたしごと」「土から掘る器」「香りを贈る」「あなたのニット」の6つの展示が開催されていた。現在の展示内容はトモダチノ家のInstagramをチェックしてみて。

6.
「編集者」に会える

4610225747263488

今年の1月まで『nice things.』で編集をしていた田中嘉さん。現在は家長としてこの場所に立っているので、制作の背景なんかも尋ねてみて!


 

あ、ちなみに上の写真を撮影したのは昼間だったんだけど、夜の暗くなった空間も陶器のランプが映えていてオススメ!窓から見える土佐掘川も素敵でした。

新オープンの情報をもとにお店に行って、写真を撮って、SNSにあげて、次の新しいスポットを開拓する。そんなスタンプラリーにハンコを押していくような楽しみ方だってある。

だけど、何度も同じ場所を訪れることで見つかるささやかな楽しみもあるのかも!

トモダチノ家

【所在地】
大阪府大阪市中央区北浜1丁目1-23 2F

【営業時間】
平日11:00~19:00
土・日・祝 11:00~18:00

【定休日】
水曜(祝日の場合、翌木曜)

「伝えたいこと」が伝えたいのに。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。