アジアン料理ブームに潜む問題から生まれた「インテリア雑貨」

木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。

アジアン料理ブームの裏に
「割り箸ゴミ」問題

アジアン料理のブームが巻き起こっているいま、使い捨てタイプのお箸が世界中で使用されています。そのため、中国だけでも毎年80億膳ほどのお箸が捨てられているんだそう。

「そのお箸を無駄にしないためには、どうすればいいだろう?」

バンクーバーのインテリアブランド・ChopValueが出した結論はこうでした。

「捨てられたお箸を、家具に変えてしまおう!」

創業者であるFelixBöckさんは、ブリティッシュコロンビア大学で林業を専攻する学生。彼は、割り箸を生まれ変わらせるというアイデアを思いつくやいなや、「回収Boxをお店に置いてほしい!」とレストランに提案して回りました。

樹脂でコーティングして
丈夫な素材に

彼らは竹の割り箸をレストランから回収すると、まず実験室に持ち込んで洗浄します。そして樹脂でコーティングし、さらに機械でホットプレスすることで、平らな素材へと生まれ変わらせます。

こうして出来上がるのがこちら。横の断面を見ると、たしかにお箸っぽさが分かるかも。

コースターにテーブルに…
デザインも魅力のラインナップ

コースターにタイルにテーブルに…と、ラインナップは様々。コースターは4枚セットで約3,000円、サイドテーブルは約29,000円くらいの価格感です。

可愛らしいだけでなく、エコでもあるという、ダブルで嬉しいインテリア用品です。

Licensed material used with permission by ChopValue
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
一見普通の椅子に見えるが、折り畳めるだけでなくローテーブルとしても大活躍。シンプルでぬくもりのあるデザインで、余裕を与えるインテリア。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
たとえそれがコマーシャルだとわかっていても、最後まで観入ってしまうのが海外のCM。1本のショートムービーを観ているような充足感が味わえる、珠玉のCMを世界...
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
“より地球にやさしい”をコンセプトに展開する「Our Earth Project」。「車のエアバッグ」などをアップサイクルしたドイツのブランドや、「海洋廃...
11月29日、オランダ発のインテリアブランド「EICHHOLTZ(アイホールツ)」が、国内初のオンラインショップ&ショールームを神戸北野坂にオープンする。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
「Atmoph Window 2」は、壁にかけたりデスクに置くだけで世界中の風景が美しい4K映像と臨場感あふれるサウンドで楽しめる、窓の形をしたスマートデ...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
思わず二度見しちゃうこと間違いなしな一風変わったインテリア「LYFE」。スウェーデン発の雑貨ブランド「Flyte」が販売している「宙に浮く鉢植え」。
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...