アジアン料理ブームに潜む問題から生まれた「インテリア雑貨」

木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。

アジアン料理ブームの裏に
「割り箸ゴミ」問題

アジアン料理のブームが巻き起こっているいま、使い捨てタイプのお箸が世界中で使用されています。そのため、中国だけでも毎年80億膳ほどのお箸が捨てられているんだそう。

「そのお箸を無駄にしないためには、どうすればいいだろう?」

バンクーバーのインテリアブランド・ChopValueが出した結論はこうでした。

「捨てられたお箸を、家具に変えてしまおう!」

創業者であるFelixBöckさんは、ブリティッシュコロンビア大学で林業を専攻する学生。彼は、割り箸を生まれ変わらせるというアイデアを思いつくやいなや、「回収Boxをお店に置いてほしい!」とレストランに提案して回りました。

樹脂でコーティングして
丈夫な素材に

彼らは竹の割り箸をレストランから回収すると、まず実験室に持ち込んで洗浄します。そして樹脂でコーティングし、さらに機械でホットプレスすることで、平らな素材へと生まれ変わらせます。

こうして出来上がるのがこちら。横の断面を見ると、たしかにお箸っぽさが分かるかも。

コースターにテーブルに…
デザインも魅力のラインナップ

コースターにタイルにテーブルに…と、ラインナップは様々。コースターは4枚セットで約3,000円、サイドテーブルは約29,000円くらいの価格感です。

可愛らしいだけでなく、エコでもあるという、ダブルで嬉しいインテリア用品です。

Licensed material used with permission by ChopValue
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
この4種類をデスクに常備しています。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。