ダイソンが「照明」をつくると、こんな製品が生まれる。

同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自分だってつい先日知ったばかり…。

想像通りですが、ハッキリ言ってそれなりに高額です。でも、そんな強気の価格設定の裏にどんなこだわりがあるのか興味をそそられました。

これまでとは異なる
無機質なデザイン

まずはビジュアルから。どこか「製図の平行定規」を連想させるシンプルなデザインは、どちらかというと男心をくすぐりそう。さらに、これまで同社製品で多用されてきた青やピンクなどの差し色がなく無機質な雰囲気となっている点も、男性に向けられたアイテムである印象を強めている気がします。

ポイントは
独自の冷却システム

性能面に移りましょう。

どうやら、最大のこだわりは「長寿命」。それを実現するのが、同社独自のヒートパイプテクノロジーなるもの。真空密封された銅管がアーム部分に組み込まれており、その中に入れられた一滴の水がアルミニウム製のヒートシンクを通って熱を放散させる仕組み。 

「あらゆるデザイナーたちがLEDの冷却を目指してきましたが、十分な成果が出ていません。そのため、LEDの明るさは徐々に減退していくことに。しかし、私たちは効果的な冷却システムを備えた『LED照明器具』を開発し、最大144,000時間の長寿命を実現したのです」

と、製品の生みの親であるジェイク・ダイソンは胸を張ります。ちなみに彼は、かの有名なジェームズ・ダイソンの長男にあたる人物。

独自の冷却システムがあるからこそ、強力な光で、必要な範囲を正確に照射可能。とはいえ、LEDは一つひとつ固定されて円錐状の半斜体に収められているため、まぶしさを感じないのだとか。

ライトは2種類の色温度からチョイス。くつろぎを与え、温かみのあるリラックス空間には「dyson csys」、オフィス空間や家での作業用には「dyson csys 4k」、といった使い分けを。デスクタイプとベッドサイドなどに固定するクランプタイプの価格は69,120円(税込)、リビングタイプは109,080円(税込)。

掃除機にはじまり、独自のアイデアと確かな技術力で、オリジナルな製品を生み出し続けるダイソン。今後も、新たな分野の開拓で私たちに驚きを提供してくれるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Dyson

関連する記事

工業デザイナーのSaharudin Busriさんが考案したDyson Inspired Concept Motorcycle。ダイソンがもしもバイクを造...
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
「ダイソン社」の慈善団体が、在宅中の子どもたちのために身近なものを使ってできる44の実験プロジェクトを無料公開した。
「Dyson」は、日本の住環境と日本人の平均身長を考慮して開発した「Digital Slim コードレスクリーナー」を発売。25%の軽量化と20%の小型化...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
「ダイソン株式会社」が新製品「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
4月27日、「HOYA ビジョンケアカンパニー」が、くもりにくいメガネレンズ「KUMORI 291(くもりにくい)」を発売。
美術館のような上質なあかりを自宅で手軽に再現できる本格派照明「SALIOT pico(サリオ ピコ)」を紹介。
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
「バレンシア工科大学」で交通デザインを学ぶIago Valiño氏が、電動スクーター「dyson moovo」を考案した。"指紋認証機能"つきのディスプレ...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
写真は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。3月6日(火...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...