スマホ中心生活から抜け出せる「スマートライト」

139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に答えてくれたりも。

スマホに頼りっきりのライフスタイルを見直そうというメッセージが込められています。

スマホ中心の生活を
少しだけスマートに

一日の大半をスマホやタブレット、PCの画面に目を落として過ごす私たち。なかでもスマホは通信ツールとしての機能に止まらず、テレビやオーディオなど、室内においても家電のハブとして機能することが多くなりました。

確かに便利。ゆえに、頼りっきりになればなるほど、目を酷使するだけでなく、さらに使用時間も、どんどん長くなるんじゃないでしょうか。

ということで、スマホとの付き合い方を「ほどほど」にしようというのが、COVI。まあ、これも“スマート”ライトなんですけどね。

COVIには音声操作機能「Alexa」が搭載されています。話しかけることでライトのスイッチを切り替えたり、オーディオプレイヤーとしての役目を果たしたりしてくれます。

これだけじゃありません。「今日の気温は?」などと質問すると答えてくれたり、「アラームをセットして」というリクエストにも対応してくれたり、電話の着信を知らせてくれたりと、スマホでやってしまいそうなことはCOVIが担ってくれるのです。

優れた機能は他にもあります。

例えば、インターフォンや照明、テレビ、空調などと接続して、スマートフォンで簡単に操作を行うことも可能。音声検索の先にある未来を照明サイズに落とし込んだ、という点では、あの「Google Home」と似たようなアイデアといえるのかも。

体内リズムを整える
自動調整ライト

もちろんCOVIは、本来の役割である照明装置としても優れた機能を搭載しています。

朝、日中、夜と、人間の体内リズムに合わせて光の強さや色調を自動調節。ちょっと画像では分かりにくいですが、朝は脳を活性化させるクールトーン、夜はリラックスして安眠へと導く暖色の光を発するんだそう。

同じ役割ならばスマホで十分という人もいるでしょうけど、自分からスマホと距離を置く代わりに、快適さは他の家電が引き受ける。こっちのほうがスマートな生活だったりして。なんでも一つあればいいわけじゃないですしね。

Licensed material used with permission by Senic
他の記事を見る
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...