もう、絶対に予定をすっぽかさなくなる「時計」

「あ、今日は予定があったんだった…」

ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必要なときに目をやるもので、普段からずっと見ているものではありませんからね。うっかりしてしまうのも仕方がないというものです。

そんな問題に対して、斬新な解決方法が編み出されました。掛け時計の文字盤に、予定を表示してしまうのです。

アナログ時計を
スマホと連動

アナログ時計のいいところは、時間の流れが視覚的にわかるところ。しかも壁掛け時計なら、必ず目につく場所に設置しますよね。その利点を最大限に活かし、予定を時計の文字盤に直接表示してくれるんです。

もちろん、予定はスマホと連携して自動で反映。いちいちスマホを見なくても、文字盤で「いつから、いつまで、何の予定があるか」が一目瞭然です。

天気予報や
電話・メッセージも

表示できるのは、予定だけではありません。

ついつい見るのを忘れてしまう天気予報。文字盤に表示しておいてくれれば、傘を忘れて雨でずぶ濡れ、なんて失敗とはオサラバできますね。

どうしても逃したくない連絡、ありますよね。かといって、ずっとスマホとにらめっこというわけにもいきません。

「Glance Clock」なら、電話やメッセージが来たのもお知らせしてくれます。ちなみに、UBERが来たときに教えてくれる、なんて機能も。

その他、エクササイズをすべき時間もわかりやすく表示してくれるので、ダイエットや体作りにも役立ちます。

こんなに光っても
1回の充電で3-6ヶ月使用可能

表示には、192個のフルカラーLEDと、256個の白色LEDを組み合わせて使用。明るい部屋でもよく見えます。

そんなに光らせて、電池は大丈夫?と思ってしまいますが、内蔵バッテリーは1度充電すれば3-6ヶ月は使用可能です。さすがに普通の時計の電池交換よりは短いかもしれませんが、日常生活が不便になるほどではありませんね。

付属の充電ケーブルは3mあるので、いざとなれば充電しながら使用することも可能と、よく考えられています。

INDIEGOGOで
支援を募集中

そんな「Glance Clock」は現在、INDIEGOGOで支援を募集中(達成率は750%以上!)。お値段は定価$199で発売予定ですが、早めに支援を申し込めば、$149にて。もうこれで予定をすっぽかさない、と思えば安い買い物かも?

Licensed material used with permission by Glance Clock
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れるこ...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...