この時計は、時刻だけでなく「時の流れ」を教えてくれる

「STORY」は、銀色の球体が木製の台の上を浮遊し、時間を知らせてくれるプロダクト。とはいえコレ、もはや単なる時計以上の存在だと思います。というのも、時の流れを視覚化してこちらに示してくれるから。

そう言われても、いまいちピンとこないかもしれません。でも、この記事を読むと、言いたいことがなんとなく分かってもらえるはず。

今までにない
まったく新しい時計

開発したのは、スウェーデン・ストックホルムに拠点を置くクリエイター集団「FLYTE」。現在、製品化へ向けたクラウドファンディングを実施中なのですが、すでに目標額80,000ドル(約905万円)に対して、440,000ドル(約4,900万円)もの資金調達に成功。圧倒的な期待値の高さが伺えます。

それでは早速、想定活躍シーンを紹介していきましょう。そもそも、この製品には大きく分けて3つのモードが存在している模様。

【クロックモード】

これは、その名の通り「時刻」を示すモード。球体が12時間で一周します。

これだけでは時間がざっくりしかわからない!と言いたくなりますよね。はい、かなり正論。でも大丈夫。必要であれば、上の通りLEDで時刻を表示させることもできます。

【タイマーモード】

オフィスで1時間のミーティングがある?それなら、タイマーとしてセット。経過時間を球体に教えてもらいましょう。

【ジャーニーモード】

そして、あなたの個性がもっとも表れるのがこのジャーニーモード。球体が一周するスパンを自由に設定して、時の流れを楽しめます。

たとえば、出産までの10ヶ月、GWまでの2ヶ月、試験までの1週間など──。大事なイベントまでの時間を視覚化し、球体が一周する間にあなただけのSTORYを紡いでみては?

今なら早期割引価格で399ドル(約45,000円)から。日本へのシッピングも可能で、発送時期は11月を予定しているそう。注文はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Flyte
他の記事を見る
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
「いやいや、普通に時刻を教えてよ!」と思わず言ってしまいそう、というか言ってしまった。従来の時計の役割は、もはや後回し。むしろ「教材」のような印象が強いA...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
とんでもない掛け時計がフランスで誕生しました。毛というか、繊維の分け目であなたに時刻を知らせてくれます。実際にどのように動いて時を刻むのかは、最後の動画で...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
液体が動き、時刻を表示する。とても単純に聞こえるその仕組も、以下の映像を見るとその表現力の豊かさに驚く。使用されているのは「Ferro Fluid(磁性流...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
透明な円柱を太陽光が通り抜け、机の上に時間を映し出す。アナログ特有の美しさに心を奪われる日時計。
毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れるこ...