「点字がわからない人」でも使えるグッドデザインの「点字腕時計」

時計の文字盤に浮き出るドットが点字になっており、時刻や日付を表示する仕組みの「DotWatch(ドットウォッチ)」は、目の不自由な人でも使える画期的なスマートウォッチだ。

24個のドットの下には、左右にそれぞれタッチセンサーを搭載。時刻を確認することができるのはもちろん、スマートフォンにメッセージや電話が来たことも、ディスプレイのドットが浮き出てお知らせしてくれる。

シルバーベースのシンプルなデザインは「ifデザインアワード」や「Spike Asia」、HACK OSAKA 2018の「Hack Award 2018 Gold Prize」など多くのデザインアワードで賞を受賞。

メタルバンドと充電クレードルには磁石が付いているので、充電も楽々、フル充電の状態なら最大2週間の使用が可能だという。

そして、「点字を知らないと使えない」というわけでもない。

「点字モード(Braille mode) 」から「触覚モード(tactile mode)」に変更すれば、ドットの個数を数えることで時計、通知、ストップウォッチなどの機能を活用することができるのだ。

現在「DotWatch」は、応援購入サービス「Makuake」にて先行予約を受け付けている。

点字を知らない人でも、「触覚モード」を使用しているうちに点字に興味が湧いてくるかもしれない。スマートフォンに受信したメッセージを読むにも、点字を学習する必要がある。今年はこのアイテムをきっかけに、「点字」を勉強してみるのもいいかも。

©Dot Incorporation
©Dot Incorporation
©Dot Incorporation
©Dot Incorporation

「Dot Watch((ドットウォッチ)」

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/dotincorporation/

Top image: © Dot Incorporation
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「スウォッチ」から自然由来の素材を使った機械式時計「SISTEM51(システム51)」が販売中。
『Braille Neue』は、目が見える人でも読みやすい点字。これまで、点字と墨字を同時に表記するアルファベットは世界中で開発されてきたけれど、日本語に...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。