「ゴミ」から生まれたキャッチーな「腕時計」

2021年、英ファッションブランドの「VOLLEBAK」から、乾電池やスマートフォンなどの電子廃棄物(E-waste)をアップサイクルした「Garbage Watch」が登場する。

毎年5,000万トン近く廃棄される電機ゴミ。じつは6兆円以上の価値があり、なかにはシルバープラチナ、ときにはゴールドなどの貴金属が含まれているにもかかわらず、それらがただ捨てられている現状に同ブランドは疑問を抱いた。

そこで、この「ゴミ」を組み立て済みの原材料と捉え、パソコンマイクロチップテレビのワイヤーまでをも利用して「Garbage Watch」を開発。

今までもフルメタルのジャケット(服)や、藻でできたTシャツを発表してきた同ブランドは、今回、カルチャーメディア「Wallpapermag」のリメイクプロジェクトとのコラボで本企画をスタート。

現在はプロトタイピングから製品化を目指しており、さらに来年の発売に向けたウェイティングリストを公式サイトにて公開している。詳しくはこちらから。

Vollebak Garbage Watch
Top image: © 2020 Vollebak/Sun Lee
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
「スウォッチ」から自然由来の素材を使った機械式時計「SISTEM51(システム51)」が販売中。
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。