指で時を知る。新感覚の指時計「moco」に注目!

かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選ぶから」というものもあれば、「重たい、腕に違和感がある」といった意見もあるはずだ。

しかしこのたび、それらのウィークポイントを補うだけでなく、コミュニケーションツールとしても活躍しそうなプロダクトが誕生した!

世界でも珍しい
本格的な「指時計」

一瞬我が目を疑ったこちらの製品は、指輪と時計を足した指時計「moco」。こんなに小さくても、当然しっかりと時を刻んでいる。

長袖の服でも邪魔にならずに使える他、シンプルなデザインなので和装とも相性良し。カジュアルからフォーマルまで着る服を選ぶことはない。

腕時計を現地時間に、指時計を日本時間にセットして海外旅行に出かける、なんて使い方も可能だ。

ふとした仕草で時間を確認

時計を見る仕草は、相手によっては不快な気分にさせてしまう場合も。しかし、指時計の場合は、その心配は無用。

コミュニケーションツール
としても優秀

あなたが営業マンの場合、初対面の相手との会話のネタとしても◎。

シリーズごとに異なるが、重さは6g〜14g。もはや、着けていることすら忘れる軽さだ。

大きく分けて2種類

腕時計をミニチュアにした様な「Pal(パル)」と、宝石を使用した女性のためのジュエリー時計「Polish(ポリッシュ)」を用意。

価格は34,560円〜85,000円(税込)まで、5つの価格帯。自分用としてはもちろん、婚約指輪の代わりや結婚記念日の贈り物にもイイかもしれない。

Licensed material used with permission by Makuake
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!