時間の概念を覆すアナログ時計が、旅の相棒になるワケ

海外へ旅をする際に必ずつきまとう問題は、時差。

いくら気をつけても、時間で失敗…。そんな経験は僕だけではないはず。日本には1つのタイムゾーンしかないけど、横に広いアメリカなんて4つのタイムゾーンがある。あるいは、ヨーロッパを横に移動する時、なかなか慣れないものだったりする。これまで、心臓によくないほど焦ったことが、一体、何度あったことだろうか。

今ではスマートフォンがあるけれど、Wi-Fi事情に疎いアナログ世代の僕には…はっきりいって煩わしい。で、腕時計と考えるのだが、時間に加え日付を合わせるのに30日分もネジを巻き続けなきゃならないのも面倒だ。(逆巻きは故障の原因にもなるので)

できれば、1発で時刻を調整できる方法はないものだろうか…。そんなことを考えていたら、最強のアイテム「KLOK02」を見つけた。

24のタイムゾーンを
瞬時に把握

71d3ae0297030334a983a7eb0ecd137ba5333aa8Cf05b10d3d184b433b8a66085e699929c84007c7

世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示される。で、右下にあるボタンを押すと時刻と都市名が瞬時に変わるようだ。こういうアナログ感を心待ちにしていたんだ。これなら、年齢が進んだとしても使えるはず。だって、簡単じゃないか。

時刻の見方だって、じつにラク。真ん中の窓が時間。半円を描く数列が、分。そして、矢印が秒というワケだ。ちなみにこの時計が示す時間は、10時20分42秒。そして、タイムゾーンはロンドン。まあ、慣れちゃえばスマートフォンやフツーの腕時計をいじるより断然早いだろう。アナログ人間の僕にとっては、特にね。

その日の服に合わせて
バンドの着替えができる

5d4db57f7ec9eef46769c1e34abf25abd0693938

これまでだって、時計のバンドは、変えられるには変えられた。だけど、これも面倒くさかった。それは、おそらく僕だけじゃない。だから、時計のバンドを変える人って滅多にいなかった。

でも、「KLOK02」なら、ベルトの着替えはワンタッチ。その日の服のコーディネイトに合わせて自由にバンドの色を変えられるのだ。また、バンドは単体でブレスレットとしても使えちゃうってのは、ポイントが高い。しかも、アタッチメントを使えば、懐中時計みたいに変身もするのだ。

7273f27cffbe644468deae730b8865854517b882

じつは、スイスメイドの本格派

C19d0332f99c482d9aa14b4abf46be50a0eeb33cDbe7a7430990864396e5dd2bcc77c91f41b26822

「KLOK02」は、かなり個性的なフェイスだけど、じつは、時計の本場であるスイスメイドブランドだ。時計の固定概念を崩してやろうっていう意気込みの2人のフランス人男性によってつくられたとのこと。

Nicolas Boutherinは、デザイン担当。一方のRichard Pirasは、テクノロジー担当。このバックグラウンドの異なる2人がコラボレーションした結果、革新的な時計が誕生したということなのだ。

2015年には、「Kickstarter」で、前作の「KLOK01」と「KLOK02」を発表したところ、60万5,000ユーロ(約7,554万円)もの資金を集めたらしい。そして、現在、これまで日本未発売だったモデル「KLOK02」は、クラウドファンディング「Kibidango」国内先行発売が決まったとのことだ。

予約開始日は、7月中旬〜下旬となる見込み。気になる値段も、まだ未確定のようだ。海外には行くけど、僕みたいに面倒くさがりな人にこそオススメしたい。

Licensed material used with permission by きびだんご事務局
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れるこ...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...