スマートウォッチとは違う「新しいウォッチ」。

スマートウォッチは、いわゆる時計とは別ジャンルだと思っています。そもそもが時刻を知るっていう機能がメインじゃないから。そう考えると、新しい魅力を持った腕時計って案外少ない。個人的にもオーセンティックなモデルかスポーツタイプが好みだったりします。

そんな自分が最近惹かれたのが〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。

見た目からして只者ではない感じですが、使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示しています。タイムゾーンの選択は、ボタンをポチッとやるだけでOK。

また、ベルトの仕様も特徴的で、クリップのようにカチッとやるだけで、取り外しができます。ベルトを付け替えるだけでなく、懐中時計のようにデスク上にウォッチだけレイアウトするのもアリです。実際、海外サイトなんかを見てみると、腕時計としてではなく、いろいろなところにつけ替えたりして使っている人も多いみたい。汎用性が高いです。

さて、機能面もいいですが、なによりも気に入ったのがこのルックスです。

フェイスを半分覆ってしまうという斬新な発想、60秒(あるいは60分)までいくと、針がギューンと戻ってくれるという動きのおもしろさ、カラフルなベルトなどなど。存在感はあるものの、モノのデザインとしてちゃんとまとまっていて、素直にカッコイイ。

個人的には、このフレッシュなカッコよさこそ、この「KLOK02」の最大の魅力なんじゃないかと思います。

ユニークな機能、スイスメイドのクオーツムーブメントなど、セールスポイントいろいろありますが、あえてアクセサリー的に推したい1本ですね。

現在、クラウドファンディングサイト『kibidango』で、プロジェクト実行中です。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
「F-94WA-8」という海外モデルです。数あるチープカシオのなかでもド定番のデジタルウォッチ「F-91W」がベースになっていますが……。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。