充電不要!?ソーラー蓄電のスマートウォッチが4月限定で15%OFF

太陽光&自然灯りによる充電が可能なアナログタイプのスマートウォッチ「LunaR 」が、4月限定で15%OFFで発売中。

同アイテムが画期的なのは、その充電のいらなさ!スマートウォッチの機能はそのままに液晶画面を採用しないデザインにすることで、使用時間が大幅にアップ。

毎日1時間の外出でソーラー蓄電すれば、半年間は別途の充電が必要ないという。また、バッテリーが満タンの状態ならば、外出せずに3ヵ月間は使い続けることが可能とのこと。

運動の活動量計としての機能をはじめ、睡眠を記録・分析してくれる睡眠モニター機能や防水機能など独自のスペックも備え、さまざまシーンで重宝しそう。

ギアとしてせっかく多くの機能を有しているのに、外出先で電池切れして使えない……なんて心配が一切なくなる「LunaR」。充電の手間を省いてくれるうえに、株式会社Gloture運営のECサイト「GLOTURE.JP」では4月限定でセール中ときたら、チェックしない手はないだろう。

©Gloture
©Gloture

『LunaR』
【ムーブメント】日本製 MIYOTA SUPER GL26
【厚さ】13.3㎜
【直径】41mm
【重量】60g
【対応OS】iOS 10以上/Android4.3以上
【価格】割引適用後 2万4480円(税別)

下記、ECサイトにて15%OFFで販売中!(4月30日まで)
「GLOTURE.JP」
https://gloture.jp/discount/6D0GWZKBVKD6?redirect=%2Fproducts%2Flunar
※上記URLより、カートに追加後、会計の確認の際に割引が自動で反映

Top image: © Gloture
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
スマートウォッチとワイヤレスイヤホンを融合させたウェアラブルガジェット「Wearbuds」が開発。スマートウォッチにイヤホンの充電機能を持たせ、抜群の音質...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
モバイルバッテリーを搭載したデイパックが登場。ソーラーパネル搭載で移動中の充電が可能。LIghtning、Micro USB、USB-Cといった各種ケーブ...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
期間限定の店としてオープンした「Choose Love」。寝袋やブランケット、ソーラーランプなどが販売され、ここで客が購入した商品と似たモノが、冬の間、難...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...