折りたたんで、どこにでも持っていける「小型ソーラーランタン」

光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照らす光の存在は、普段とは比べものにならないほど大切になります。

クラウドファンディング、Kickstarterで見つけたLuminAIDは、いつでもどこでも明かりがとれる、折りたたみ可能な超小型のソーラーランタン。しかも、スマホなどの電子機器も充電できちゃいます。

厚さは文庫本1冊分
重さはリンゴ1個分

畳んだときの厚さはわずか2.5cmとコンパクト。使うときは、口で簡単に膨らませられます。重さはおおよそ240g。これはだいたい小さめのリンゴ1個分と同じくらいで、とても軽量。このサイズなら、どこにでも持っていけそうです。

ソーラーで充電可能
バッテリーはスマホ約1回分

ソーラーパネルがついているので、リュックサックにくくりつけたり屋外に置いておけば、12時間から14時間でフル充電できます。

急いでいるときは、USB経由で急速充電も可能。こちらの場合は、たったの1-2時間で充電完了です。

バッテリー容量は2,000mAhで、これは一般的なスマホ用小型バッテリーと同程度。

目安としては、スマホなら75〜100%、タブレットなら15〜30%を充電可能です。

とっても明るくて
しかも防水

気になる明るさは、最大150ルーメン。これは、一般的な懐中電灯と比較しても遜色ない数字です。この状態だと、3-5時間連続で点灯。そこまでの明るさが必要ない場合は、電源ボタンを押すことで段階的に調整できます。15ルーメンまで光量を落とせば、44-55時間の点灯も可能になるそうです。

もうひとつ重要なのは、防水でしかも浮くこと!屋外におけるタフなシチュエーションで使用されることが想定されるプロダクトなので、これは嬉しい仕様です。

アウトドアに、災害の備えに

構造がシンプルなため、35ドル(約4,000円)とお手頃価格なのも大きなポイント。現在「Kickstarter」での支援受付は終わってしまいましたが、今年の4月以降に購入可能となる予定とのこと。

アドレスを登録しておくと、プレオーダーが開始したときに教えてくれるそう。アウトドア派はもちろん、いざというときの備えをしておきたい人はぜひ、こちらから登録して続報を待ちましょう。

Licensed material used with permission by LuminAID
他の記事を見る
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
近年はソーラーパネルを利用した自然由来の電力利用が次々と開発されている。しかし、蓄電機にかかる費用はまだ安いとは言えないのも事実だ。ここで紹介する「Gra...