暮らしに取り入れたい、やわらかなランタンの灯り。

台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に放つのではなく、手元に置いて暮らしに取り入れるのはどうでしょう。しかもこれ、日本発のオリジナル技術を駆使したECOさもウリなんです。

昼は充電、夜にクルッ!

「太陽電池は光を記憶=記録している」

そんな発想から生まれた「スフェラーランタン」は、砂時計型のビジュアルが印象的。本体の半分に球状の太陽電池を配し、少しずつ電気を蓄える仕組みです。

夜になって上下をひっくり返すと、昼間蓄えた電気で点灯。晴れた日は晴れた分だけ、雨の日はささやかに。その光は、昼間、あなたの家の窓辺に届いたもの──。

照明は電球色LED。ロウソクのようなやわらかい光が乳白色のアクリルシェードからひろがり、蓄えた電気がなくなるとゆっくりと消えていきます。

あらゆる光を
効率よく採りこむために

発電には全方位からの光を受光できる球状太陽電池スフェラーを使用。

太陽は常に移動するため、光の注ぎ方は一定ではありません。そうした中で、「あらゆる光を効率よく採りこむにはどうしたらよいか?」

そんな問いから生まれたのが球の発想だったそう。

一粒はビーズぐらいの大きさ。この太陽電池は、京都に本社を置くスフェラーパワー株式会社オリジナルの技術だとか。

価格は32,400円(税込)。全国の取り扱い店舗はこちら

ちなみにどうしても日中に充電できなかった場合は、付属のUSBケーブルを使って充電、点灯が可能なのでご安心を。

Licensed material used with permission by スフェラーパワー株式会社
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
砂時計の要領でポタポタ……。
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...