枯れない植物をお探しなら、この額を。

日当たりが悪かったり、管理が悪かったり、部屋の中にグリーンを置いてもなかなか元気に成長させてあげられない。こんな悩みを抱えている人、結構いるんじゃないでしょうか。

そんな悩みをあるアイデアで解決してくれるステキな額を紹介します。

透明シートにリアルな印刷

5781162815389696
© 2018 MOEBE

FLOATING LEAVESは、コペンハーゲンを中心に活動しているデザイナーユニットMoebeのほか、Paper Collective、Norm Architectsの3社合同プロジェクトとして制作されたました。

植物の枝葉を木からそのまま切り取ったような姿がユニークでしょ?実はこれ、植物を加工したものではなく、写真をプリントしたもの。特殊な透明シートに、独自の技術で写真が印刷されているんだそう。

非常に繊細で、近づいてみても植物そのもの。そこに「ある」ように見えますよね。

「わびさび」からインスピレーション

6469587017138176
© 2018 MOEBE
6553921384349696
© 2018 MOEBE

言われなければそうとは分からないっていうのが本当のとろこですが、聞けばこれらの作品、日本の「侘び寂び(わびさび)」に着想を得てつくりだされたものなんだとか。

どういうことかって、よく見ると額の中の植物は、すべてが瑞々しさを蓄えたものばかりではありません。小さな傷があったり、シワが入っていたり。

こうした葉っぱのダメージは、その植物の生きてきた証。単に「キレイ」なだけではないところに、本来の美しさがある。それがFLOATING LEAVESのコンセプト。

好きなところに緑を演出

5229009067573248
© 2018 MOEBE
6023862827352064
© 2018 MOEBE
4707462062014464
© 2018 MOEBE

ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。

「ちょっと緑が欲しい」という気持ちに、いつでもどこでも応えてくれる、こういうお手頃感って嬉しいですよね。

Top Photo by © 2018 MOEBE
Licensed material used with permission by Moebe
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
ヒヤシンスはツルボ科の多年草植物で、ひとつの茎にたくさんの花弁をつけます。語源は、ギリシャ神話の美少年の名前からきており、ヒヤシンスの力強く美しい姿はまる...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...