枯れない植物をお探しなら、この額を。

日当たりが悪かったり、管理が悪かったり、部屋の中にグリーンを置いてもなかなか元気に成長させてあげられない。こんな悩みを抱えている人、結構いるんじゃないでしょうか。

そんな悩みをあるアイデアで解決してくれるステキな額を紹介します。

透明シートにリアルな印刷

© 2018 MOEBE

FLOATING LEAVESは、コペンハーゲンを中心に活動しているデザイナーユニットMoebeのほか、Paper Collective、Norm Architectsの3社合同プロジェクトとして制作されたました。

植物の枝葉を木からそのまま切り取ったような姿がユニークでしょ?実はこれ、植物を加工したものではなく、写真をプリントしたもの。特殊な透明シートに、独自の技術で写真が印刷されているんだそう。

非常に繊細で、近づいてみても植物そのもの。そこに「ある」ように見えますよね。

「わびさび」からインスピレーション

© 2018 MOEBE
© 2018 MOEBE

言われなければそうとは分からないっていうのが本当のとろこですが、聞けばこれらの作品、日本の「侘び寂び(わびさび)」に着想を得てつくりだされたものなんだとか。

どういうことかって、よく見ると額の中の植物は、すべてが瑞々しさを蓄えたものばかりではありません。小さな傷があったり、シワが入っていたり。

こうした葉っぱのダメージは、その植物の生きてきた証。単に「キレイ」なだけではないところに、本来の美しさがある。それがFLOATING LEAVESのコンセプト。

好きなところに緑を演出

© 2018 MOEBE
© 2018 MOEBE
© 2018 MOEBE

ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。

「ちょっと緑が欲しい」という気持ちに、いつでもどこでも応えてくれる、こういうお手頃感って嬉しいですよね。

Top Photo by © 2018 MOEBE
Licensed material used with permission by Moebe

関連する記事

インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
「IKEA」から、植物のある暮らしを提案する新コレクション「BOTANISK/ボータニスク」がデビュー。今週1日(月)よりオンラインストア及び全国のIKE...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
思わず二度見しちゃうこと間違いなしな一風変わったインテリア「LYFE」。スウェーデン発の雑貨ブランド「Flyte」が販売している「宙に浮く鉢植え」。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。