観葉植物が枯れない「土いらずのプランター」

水をやりすぎても、やらなすぎても枯れてしまう観葉植物。季節や日当たりにもよるので、ちょうどいい水やりの頻度や量を掴むのはなかなか難しいもの......。

そんな悩みを解決してくれるプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。

プランターといってもこれは土いらず。独自開発のセラミック素材でできた筒状のプランターは、なかが空洞になっており、水を溜めておくことができる。水はプランターの内部を通って、ゆっくりと表面に浸透していき、植物の根にちょうどよく行き渡るという仕組みだ。

植物の植え方は4通り。

・植物の胞子を擦りつける
・植物を巻きつける
・根がプランターに接触するようゴム製バンドで固定する
・種を直接植えつける

以下の画像をご覧になればわかる通り、さまざまな種類の植物に対応可能。

Terraplanterの使い方
©2020 Terraplanter

育てられる植物の種類もこんなに豊富。

Terraplanterで育てられる植物
©2020 Terraplanter

しかも繰り返し使える。大きさは幅114mm×高さ227mmと室内に置くにもちょうどいい。

TerraplanterはReusable
©2020 Terraplanter

このプロジェクトは、6月20日までクラウドファンディング中。詳しくはコチラから。

Top image: © 2020 Terraplanter
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。