このランプは「観賞植物」としてお使いください

スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。

壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ」だと呼びたい。だって、柔らかな光を見ているだけでリラックスできてしまうから。

緑との相性が抜群にいい

そこで、1つ提案。

コレ、観葉植物と組み合わせると、とても相性がいい。緑で飾られたリビングやキッチンのアクセントにもなって、癒やし度が、ワンランクもツーランクもアップする。実用性とか機能性とかじゃなくて、目への“保養性”のアイテムとして部屋に置くのはいかがだろう? 

開くと飛び出す
ポップアップブックが
アイデアの素

このランプを制作したのは、イスラエル出身のデザイナーChen Bikovski。このポップアップライトのアイデアの素は、子どもの頃に夢中になったポップアップブックとのこと。

なるほど。僕も子どもの頃、開くと飛び出す絵本に魅せられた1人。あのドキドキしたり、ワクワクしたりする気持ちは、サボテンランプにも通じるものがあるよね。

サボテンのランプは、連結して使うこともできる。少しづつ形が違う種類をセットで飾れば統一感も出ていい感じにもなる。

ちなみに、現在、3種類のサボテンセットは、360ドル(約40,000円)のところ、170ドル(約18,000円)とセール中。もちろん、単品でもお得な価格で提供されているので、気になる人は、コチラをチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by Popup Lighting
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
バニラのフレーバー付きだからニオイを全く気にしなくていい!ヴァギナのかたちとアンダーヘアについてもまた然り。生理中にしたくなってもOKです。
フェイクグリーンの実例レイアウト術。水まわり、ワークデスク、天井付近、フェイクの特性を活かした飾り方に注目。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...