今すぐできる。多肉植物の「水耕栽培」による育て方

部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあれば、今すぐにでも始められる水耕栽培での多肉植物の育て方を紹介しましょう。

多肉植物の水耕栽培を
始める前の準備方法

succulent-hydroponic-culture3

園芸店などで、多肉植物の鉢植えを購入し、鉢や容器の中から取り出して、水耕栽培用に準備を始めます。根っこには、土や化粧砂が付いていますので、植物を傷つけないように注意しながら、しっかりと水洗いをして取り除きます。

植物がきれいに洗えたら、根っこを全て切り落とし、そのままの状態で3日程度、室内にて陰干しをして乾燥させます。乾燥することにより、植物の発根能力を高めることができます。もともと生えている植物の根は、土に適応したつくりになっており、水耕栽培には不向きなので、少しでも切り残しがあると根腐れの原因となります。乾燥させるときには、直射日光が当たる

場所や、湿気が多い場所に置くと植物が傷んでしまいますので、気を付けましょう。適切な場所で、植物をしっかり乾燥できたら、事前準備は完了です。

多肉植物を水耕栽培で
育てましょう

succulent-hydroponic-culture6

多肉植物が入る大きさの水耕栽培用の容器を準備し、中に水を入れ、多肉植物の根っこの切り口が、水面に触れる程度の位置にセットします。基本的には、水耕栽培の場合、肥料を入れなくても育ちますが、気になるようであれば、水耕栽培用の肥料を入れるか、精製水で開花促進剤を薄めて加えても結構です。

根っこの切り口が、水に浸かり過ぎていると、育ちにくい傾向がありますので、水の量や植物の位置を調整しましょう。水耕栽培に適した置き場所は、室内であれば、直射日光を遮るカーテンの近くで、比較的日当たりが良いところです。多肉植物は、急激な温度変化などの環境の変化には弱い性質があることから、一度場所を決めたら、頻繁に移動させることは控えましょう。

水耕栽培を始めてから、約1ヵ月が経過すると、植物の下の方から、水耕栽培に適した新しい根っこが生えてきます。

これだけはマスターしておこう!
多肉植物の基本的なお手入れ方法

succulent-hydroponic-culture5

多肉植物は、鉢植えなどの土を使って栽培する場合と比べると、水耕栽培の方が比較的安定しているといわれており、お手入れも難しくありません。必要なことは、週1回程度の水換えと水位の確認だけです。

水換えは、夏場などで水が悪くなりやすい時期には、状況に応じてこまめに行うことが大切です。

根っこ全体が水に浸かっていると、根が呼吸できなくなりますので、水位は、根っこの上の方が水から出ている状態に保ちます。
また、根っこは温度変化にとくに弱いため、日差しが強すぎて、水温が上がりやすい場所に置くことは避けることが大切です。

多肉植物ならではの、
おしゃれな飾り方を楽しみましょう
succulent-hydroponic-culture2

部屋のレイアウトや、全体の色調に合わせて、神秘的な雰囲気を醸し出す多肉植物を飾り、アクセントとして楽しむことができます。

水耕栽培に使用する容器自体も、お好みのサイズや色・柄のものを選んで、自由に飾り付けをしてみましょう。色付きのフラスコやビーカーなどを使って、モダンな雰囲気を楽しめますし、身近にある大小の空き瓶を使って、さまざまな組み合わせを楽しんでもよいでしょう。

多肉植物の水耕栽培は、水に浸す代わりに、水を含んだスポンジを使うこともできますので、かわいらしいリースを作って、その中にアクセントとしてさりげなく配置することもできますし、オリジナルの額に入れて絵画風に楽しむといった方法も選べます。

手軽に水耕栽培しながら、様々なインテリアとしても役立つ、多肉植物の魅力を感じていただけましたでしょうか。自宅で上手に育てて、新しい株を増やしながら、オリジナルのおしゃれな飾り付けにチャレンジしてみませんか?

サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチな“BO...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
老舗ジーンズブランド「Levi’s」より、お手頃価格の設定が嬉しいセカンドライン「DENIZEN FROM LEVI’S」が日本に上陸。
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...