こんな多肉植物、見たことない!

カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。

ガーデニングのこと?いえいえ、違います。

 

「ケーキ」の話です。

カラフルで精巧な
「多肉植物ケーキ」

インドネシア・ジャカルタ在住のアーティスト、Ivenovenさんが作る多肉植物ケーキ。2013年12月から、周りの人のためにお菓子作りを始めたという彼女の作品は、食べずに鑑賞していたいレベル。

材料は普通のケーキと同じで、バター、粉砂糖、食紅や香料など。

サボテンのカップケーキもお見事!トゲまでリアルに再現されています。

スタンダードなサボテンから、バラの形の多肉植物まで。種類も色彩も豊富で、中にはグラデーションがついているものも。

多肉植物への並々ならぬ愛が伝わってくるケーキたち。見ているだけでもなんだか幸せな気分になれませんか?

Licensed material used with permission by Ivenoven(Instagram), (Facebook)
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
おうちカフェのお供にキュートで贅沢な味わいのチーズケーキはいかが?本格チーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」は、食べる人の気持ちをキュンとさせてくれる逸品。
かつて著名人のヘアメイキャップアーティストであった小澤高志氏が銀座のバーで日曜日だけ間借りしてスタートさせた小さなケーキ屋「ミラーケーキストア」。グルテン...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。