重ねて塗るだけ! 大人気の「ビスケットケーキ」3選

ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オーブン要らず。基本はビスケットとクリームを重ねるだけで、お菓子作り初心者の方にもオススメです。

ブルーベリーシャンティの
ビスケットケーキ

紫色のクリームが印象的なケーキです。ブルーベリージャムの甘酸っぱさと濃厚な生クリームのバランスがよく、上品な味わいですよ。

【作りやすい分量】
ビスケット:20枚
生クリーム:200ml
ブルーベリージャム:大さじ2

【作り方】
①ボウルに生クリーム、ブルーベリージャムを入れて8分立にする。
②ビスケット、①の順に重ねていく。(ビスケットに塗る①の量はティースプーン山盛り1杯程度)
③表面に残りの①を塗り、冷蔵庫に3時間おく。
④斜めに切り分けて器に盛る。

抹茶クリームあずきの
ビスケットケーキ

抹茶×あずきの間違いない組み合わせです!抹茶のほろ苦さがあり、大人の味ですよ。お好みで刻んだ甘栗をクリームに混ぜてもおいしいです。

【作りやすい分量】
ビスケット:20枚
生クリーム:200ml
抹茶:大さじ1
砂糖:大さじ1
粒あん:80g

【作り方】
①ボウルに生クリーム、抹茶、砂糖を入れて8分立にしたら半量に分け、半分のクリームには粒あんを混ぜる。
②ビスケット、①の粒あんを混ぜたクリームを順に重ねていく。(ビスケットに塗る①の量はティースプーン山盛り1杯程度)
③表面に①の粒あんを混ぜていないクリームを塗り、冷蔵庫に3時間おく。
④斜めに切り分けて器に盛る。

メープルヨーグルトと
ココナッツのビスケットケーキ

ココナッツの香りに淡いメープルシロップの甘みが合わさった風味は最高!濃厚ながらもヨーグルトの爽やかな酸味がアクセントになっていてメリハリのある味わいです。

【作りやすい分量】
ビスケット:20枚
生クリーム:200ml
砂糖:大さじ1
メープルシロップ:大さじ1
ヨーグルト:大さじ2
ココナッツロング:10g

【作り方】
①ボウルに生クリーム、砂糖を入れて8分立にしたらメープルシロップ、ヨーグルトを加えて混ぜる。
②ビスケット、①の順に重ねていく。(ビスケットに塗る①の量はティースプーン山盛り1杯程度)
③表面に残りの①を塗ってココナッツロングをまぶし、冷蔵庫に3時間おく。
④斜めに切り分けて器に盛る。

まるでスポンジケーキのようなふわふわ感で、ビスケットを使用していることを忘れてしまいそうになるほどです。簡単に作れて見た目が洒落ているので、おもてなしメニューにもぴったりですよ。お菓子作り初心者の方にチャレンジしてもらいたい!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
世界三大珍味として名高い、あの高級食材を使った禁断のチーズケーキを紹介。ミシュラン獲得のシェフが監修したその味や、いかに。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
かつて著名人のヘアメイキャップアーティストであった小澤高志氏が銀座のバーで日曜日だけ間借りしてスタートさせた小さなケーキ屋「ミラーケーキストア」。グルテン...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
おうちカフェのお供にキュートで贅沢な味わいのチーズケーキはいかが?本格チーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」は、食べる人の気持ちをキュンとさせてくれる逸品。
調理法はほとんど同じ…。そもそも、この2つの違いってなんなの?!
食べるのがもったいないほど美しい「花束ケーキ」が12月1日より発売開始。エディブルフラワーが主役の特別なケーキは、クリスマスプレゼントにも。
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
自動車同士の衝突から運転手を守る設備を着実に進化させたなかで、対歩行者、対自転車では深刻な被害を与えてきた自動車業界。その対策として「ボルボ」があるユニー...
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
色とりどりのお菓子で溢れるRaymondさんのInstagramアカウント。見ていると幸せな気分になってくる。驚きなのは、このクオリティーの高さで独学だと...
今回は「りくろーおじさんの店」のチーズケーキ。大阪人なら「551蓬莱」と並ぶくらい必ず知っているフワフワでアツアツでめっちゃおいしいチーズケーキの魅力を紹...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...