今年のバレンタインで、彼の目をパチクリさせたいあなたへ。「鏡のムースケーキ」はいかが?

カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。

彼女のInstagramを見ると、その色合いや美しさは、食べてしまうのがもったいないほど。そもそも「これ、本当にケーキなの?」と疑いたくなってしまいます。

製作にかかる日数は、3日

ケセニアさんは、ひとつのムースケーキを作るのに、およそ3日間かけるそうです。材料に特別なものを用意しているわけではなく、通常のケーキと同じで、生クリーム、牛乳、フルーツなどを使用。

ガラスのような表面は、砂糖、コーンシロップ、コンデンスミルク、ゼラチンを混ぜ、そこにチョコレートを加えたもので作られているんだとか。

一見、素人には作れなさそうなこの「鏡ケーキ」ですが、彼女のWEBサイトではクラスごとでのレシピも公開されています。もちろん手間はかかりますが、「今年のバレンタインは頑張ってみたい!」という女性なら、チャレンジしてみる価値はあるかも。

断面はこの通り。ガラス細工のようですが、もちろんちゃんと食べられますよ♪

Licensed material used with permission by Ksenia Penkina, (Facebook)
他の記事を見る
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
恋人がいれば「リア充」なんてカテゴライズされるのもおかしいし、ひとりでも自立して幸せに過ごしている人たちが、クリスマスやバレンタインで肩身の狭い思にさせら...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
わたしの場合、です。
バレンタインのギフト候補に、「BAM」の蝶ネクタイをリストイン!
バレンタインのギフト候補に、「うつわ屋まほろ」の器をリストイン!
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
バレンタインのギフト候補に、「BP.」のミラーやチューブホルダーをリストイン!
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
小学生の頃、理科の実験でよく使った顕微鏡。普段は見ることの出来ないミクロの世界を始めて見た時は、感動したものです。ただ、顕微鏡を使っていたのは大体屋内。観...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...