眺めていると気持ちが和む「ガラスのクラゲ」

一つひとつのフォームはすべて違う。色のバリエーションも多彩。そして、その姿はまるで海に漂うクラゲのようだ。

これらのガラスのアートを制作したのは、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの雫は、まさにクラゲの触手を思い起こさせる。それらがいくつも合わさることで、重量があるガラスのトップ面を支えている。

その構造は不思議であり、美しくもある。しばらく眺めていると、海の中にいるような気持ちになってくる。

しばし、深海の旅へ。

なんだか、和むんだよなぁ。

9b3d0e17bfffaf19a305cd1fe44d00f9cecb59c597d121e36c79aabf54cf41da2c76c71ae5abc61b9a9ada217b9f322f38aa18a3e8f8069b8b9edfb26073471f2929078383a302f67b92d8eafdefd436Be1b690403456122966581d1f0d1b874b65f31df36b713df1032138b7404ec7ffa3e8f218ffe9c2eE1a76e609431e1efdda2b5108255cd10ee7351e0

なんで、こんなに和むのかを考えてみた。やはり、作品が水や海を連想させるからだろう。人間は、水辺にいるとオープンで安らかな気持ちになれるという話を思い出した。忙しいとは「心を亡くす」と書く。せわしなく過ぎていく日常の中で、僕たちは、目の前の仕事に追われて心の余裕を失ってはないだろうか。

時には、ゆったりとアートに浸ることで、余裕や想像力を育む。これらの作品を通じて、大切なことを改めて思い出した。

Licensed material used with permission by Daniela Forti, (Instagram), (YouTube)
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
タイで珍しい光景が撮影された。クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。「Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進して...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...