ライトアップされたクラゲが、ぷかぷか漂う。今年も「万華鏡トンネル」が登場。

幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります。

そう、寒さです。こんなことを言うとムードを壊してしまうのですが、やっぱり寒いものは寒い。でも、綺麗な景色は見たい。そんなワガママな気持ちに。

でも、ここで紹介するイベントなら室内なので暖かい、かつInstagramに投稿したくなるほどフォトジェニック!

あの人気イベントが
パワーアップして開催

D338dd21355ea25166f8c5698d7528a5072fd9e8

これは、昨年人気を博したイベントのパワーアップバージョン。すみだ水族館に、蜷川実花とクラゲの新たなコラボレーション空間が出現し、美しく神秘的な彼らの魅力に触れることができます。

クラゲゾーン

8defd3c219b44640e7cdc8f2329abaf3077ea7b0

幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型の水槽や、8種類のさまざまなクラゲを展示したU字型水槽を、蜷川実花の映像作品や写真で彩ります。

5e6e24f70fcecb845084632c7969229c65c0bfddBbe4ada22f50d6bb29b23b05bf07d7292bdea3f10564602207907aa5c29824ade123596eb566599f5798cc643fcaafd29648a243e6cab007797cc7e0

クラゲ万華鏡トンネル

A323af8976d2e8cdf4b04b1c238685aa343a834a

壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれた全長約50メートルのスロープ。8つのクラゲ水槽と壁面に映像作品を投影し、クラゲと一緒に鏡の中の世界を漂っているような体験ができます。ちなみに、昼と夜で投影する作品が変わるため、違った雰囲気の空間を楽しめるそう。

146f99bc33b62c35e565b7d3cfce01ed31b603b0

開催は2017年3月14日(火)まで。個人的には、U字型水槽のライトアップが気になります。屋外のイルミネーションはもちろん素敵ですが、すみだ水族館のクラゲたちだってムーディーな雰囲気を演出してくれますよ。

Licensed material used with permission by すみだ水族館
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
タイで珍しい光景が撮影された。クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。「Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進して...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
ニュージーランド南東のオアマルの港では世界一小さなペンギン、ブルーペンギンたちのコロニーが観光の呼び物となっています。しかし、年々ブルーペンギンの数は減少...
旅先から届く、一枚のポストカード。遥かな異国の地の情緒が感じられて、受け取るのも嬉しいもの。スマホで撮った写真にはない、ロマンチックな味わいがあります。そ...
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
トンネル、鍵穴、バスケットゴール、公園のトラッシュボックス、ワインボトル回収箱、スケボーランプ。街中の穴という穴をふさぐ、という手の込んだ「いたずら」が、...