ライトアップされたクラゲが、ぷかぷか漂う。今年も「万華鏡トンネル」が登場。

幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります。

そう、寒さです。こんなことを言うとムードを壊してしまうのですが、やっぱり寒いものは寒い。でも、綺麗な景色は見たい。そんなワガママな気持ちに。

でも、ここで紹介するイベントなら室内なので暖かい、かつInstagramに投稿したくなるほどフォトジェニック!

あの人気イベントが
パワーアップして開催

これは、昨年人気を博したイベントのパワーアップバージョン。すみだ水族館に、蜷川実花とクラゲの新たなコラボレーション空間が出現し、美しく神秘的な彼らの魅力に触れることができます。

クラゲゾーン

幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型の水槽や、8種類のさまざまなクラゲを展示したU字型水槽を、蜷川実花の映像作品や写真で彩ります。

クラゲ万華鏡トンネル

壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれた全長約50メートルのスロープ。8つのクラゲ水槽と壁面に映像作品を投影し、クラゲと一緒に鏡の中の世界を漂っているような体験ができます。ちなみに、昼と夜で投影する作品が変わるため、違った雰囲気の空間を楽しめるそう。

開催は2017年3月14日(火)まで。個人的には、U字型水槽のライトアップが気になります。屋外のイルミネーションはもちろん素敵ですが、すみだ水族館のクラゲたちだってムーディーな雰囲気を演出してくれますよ。

Licensed material used with permission by すみだ水族館