父の死と向き合い、蜷川実花が撮影した「うつくしい日々」

「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を撮影したもの。見ていると、胸の奥がギュッと締め付けられるような切なさを感じます。しかし、伝わってくるのは悲しい気持ちだけではありません。

これまでの展示は、人々の目を楽しませるような色彩豊かなイメージが強くありました。だけど今回は、心にぽっと光が灯るような柔らかい優しさで溢れているのです。

「さよなら」をした
父の目から見た世界

132d1a4c561f01b0db08a1fef65c5e6f58eff996
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

朝起きたら信じられないくらい空が青くて、あまりにも綺麗だった。 どうせ逝くならこんな日がいいよね、って思った。

「うつくしい日々」と、名付けられたこの作品。父親である蜷川幸雄さんの死と向き合うために、この世を去ろうとする「逝く人の目線」で撮影されています。

キラキラと輝いていて、どこか希望を感じるのです。

「死」との出会いが
景色を変えた

1e7fd6acf947515de4b253ea2f651aef04d35aad
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery,

実花さん自身も、「どうしてこんな写真が撮れたのかわからない」と語っています。

そんな作品から見えるのは、大切な人の死と向き合った時にしか出会えない景色。尊い命を失うと、悲しみや不安で心はいっぱいになります。そんな時に、ふと周りを見渡すと、青く広がる空や力強く芽を出す植物など、目に入った全てのものから、あたたかい「生」を感じることができたそうなのです。

「うつくしい日々」は、亡くなった父と今を生きる娘の視点が重なって撮影されています。止まってしまったように思えた命は、実はそのまた子どもへと引き継がれていることが伝わってきます。

Df020844c19868f731d40b5e2293d84f2c2484ce
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
62f33a2ab390f6b5ee9b9f4c1473886ac68d03f6
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
0f6ccf5526d03da24271d2f99f3d018e3f243bac
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

【開催要項】

◾️展覧会名:蜷川実花 「うつくしい日々」
◾️会期:2017年5月10日(水)〜5月19日(金)(会期中無休)
◾️時間:11:00〜17:00(水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
◾️会場:原美術館
◾️住所:東京都品川区北品川4-7-25
◾️当日券:一般1,100円

Licensed material used with permission by 原美術館
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...