蜷川実花が「道後温泉」とコラボ!これは見逃せない・・・

道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。
そんな歴史ある土地で開催されている「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」が、2015年10月1日にグランドオープン。第3弾となる今回の作品も、大きな反響を呼ぶこと必至だ。

MAIN_01_5D3B8003_re_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

MAIN_03_5D3B8061_re_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

その目玉は、『道後温泉本館インスタレーション』。「道後温泉本館」の障子やガラスが、蜷川氏が撮影した花の写真によって彩られている。さらに、夜間はライトアップと映像の投影が施され、日中とは違った幻想的な空間へと変貌することに。

beams_bag_1_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

また、セレクトショップ「BEAMS」とのコラボレーションによるオリジナルエコバッグを道後地区限定で作成。2015年11月1日から、イベント参加者等にノベルティとして配布される予定だ。

NV044bkHerqxYjUc96iaRNTs3G96VPh4hlXEglJ4TZQ,vUgDXaEQX3vGeFBXh3RG8D19Gk1xENsERV1rFPH47ss_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

そもそも、この「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」は、2014年に開催された「道後オンセナート 2014」を引き継ぐ形で展開中のもの。蜷川氏をメインアーティストに迎え、2015年5月1日から、道後地区にさまざまなアート作品が登場している。

wYgwXuTZFSuS17SQCxu9wmNLnyaNYjIXyit5tuf3gy8_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

道後にちなんだ椿をメインモチーフに、ホテルの洋室全体を蜷川氏の写真で覆った“HOTELHORIZONTAL 蜷川実花×道後プリンスホテル「TSUBAKI」”。ベッドカバーやリネンもこのためだけに作られたオリジナル。

91PuBYIzcVcXR31e_-qrUlWVKRiqmCLzTMppw53cytA,QON1tQLVJy7DN59KHntr47PcNnVf8jjWMjDTB9zQ4gg_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

1qqH9RePohFKNnLpgga88h9reRiwJpV4YSVun_po-_Y,p0hJ-1U3VwwzQVFdjL5ly9CGQkWcpzrQYh8YA9Agq20,67lIVsxZ4R9yFrII1k1r-JVs6sO0rM4udsrZ4oIX0qk_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

“HOTEL HORIZONTAL 蜷川実花×大和屋本店「PLANT A TREE」”は、東京・目黒川の桜を撮影したシリーズ「PLANT A TREE」の写真を格式高い和室に展開したもの。襖、障子から座布団に至るまで特別なしつらえがなされており、ロビーでも蜷川氏の写真によるオリジナル・ランプシェードがお出迎え。

9OaeV-xLGX33_OacqOEv4_ueiRaGPz4a9bHptRtMAk8,sz4vhdWGlhS55gsJoknGA1gR8QqfuPxK3gGTRB5ms0s,h7iX-vJJdPj8SOQiiCg_l3_9M-Dy05S3-59S37ZNY6A,6KrMoSwFP-VTsycKz916JaswXbEzgCc1USNEdJx1mZI,l3QDiNPMwZbcgY_ldV_rmKzcO6Ugi7-pnuzwb_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

市内中心部と道後を結ぶ路面電車も、すっかり“蜷川色”。

Evtrx9GXwwsrA-9bBy8x9tMhYnQh4BnrSm4d9EApQfk_R©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

このアートフェスティバルは、2016年2月29日まで開催予定。最古にして、最先端―。新たな道後温泉の魅力を、存分に体験できるはずだ。

Licensed material used with permission by TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...