頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かっているんですが、キーンと冷たいものの誘惑には勝てません。

そう、夏のボスキャラ「かき氷」について話したいんです。

たとえば、全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」には、地域の名産品を使った「ご当地かき氷」があります。

かき氷のためだけにわざわざ温泉旅行へ行く、なんてのも最高じゃないですか?

01.
「ぐり茶かき氷」
界 伊東(静岡県・伊東温泉)

これは、伊豆地方の特産「ぐり茶」をシロップに使ったかき氷。

「ぐり茶」は、茶葉が丸まった姿に仕上がることに由来していて、渋みや苦味が抑えられているのが特徴です。国内でぐり茶を生産している地域は少なく、中でも静岡県東部のぐり茶はお土産として全国的にも有名。 

02.
「氷室かき氷」
界 加賀(石川県・山代温泉)

加賀藩の伝統行事「氷室開き」。

これは、冬の間に氷室に雪を貯蔵して作った天然氷を、徳川家へ献上するために旧暦6月1日に氷を切り出すもので、現在ではこの日に「氷室饅頭」という三色の酒饅頭を用意して、夏の訪れを祝います。

その氷室饅頭になぞらえた、3色の酒粕シロップかき氷がこちら。

03.
「生姜シロップかき氷」
界 出雲(島根県・玉造温泉)

出雲の特産品である生姜。

この生姜の絞汁と砂糖を煮詰めたシロップを使ったかき氷は、甘さのなかにもピリッとした辛さが残り、暑い夏にぴったりのスッキリ風味。

04.
「ワインかき氷」
界 松本(長野県・浅間温泉)

長野は、日本有数のワインの名産地。

この「ワインかき氷」のシロップには、信州のコンコードという品種の葡萄で作ったワインを使用していて、上品な甘味が特徴的。シロップを作る過程でアルコールが飛ぶので、お酒が苦手な人でも安心して味わえますよ。

05.
「煎茶シロップかき氷」
界 遠州(静岡県・舘山寺温泉)

静岡といえば、やっぱりお茶。宇治茶、狭山茶と並び「日本三大茶」と言われ、ふくよかな香りと味わいが魅力。なかでも希少価値の高い「香駿」の茶葉をブレンドしたお茶から作られたシロップです。

香り、甘み、渋みのバランスがとれた煎茶を、かき氷でさっぱりと味わいましょう。

06.
「万葉柚子かき氷」
界 川治 (栃木県・川治温泉)

下野のみかもの山の小楢のすまぐはし児ろは誰が笥か持たむ

「みかも山」を謡った万葉集の一節です。

その山の「柚子園」にある樹齢30年以上の古木から収穫された「万葉柚子」を使って仕上げた、さわやかなシロップ。

07.
「とちおとめシロップかき氷」
界 日光(栃木県・中禅寺温泉)

栃木名産のいちご「とちおとめ」をたっぷりと使ったシロップをかけた一品。甘みが強く、大粒のとちおとめがジューシーなシロップに生かされているそう。

そんなシロップはもちろん、豊富な水資源を誇る日光の氷はひと味違います。

08.
「梅蜜かき氷」
界 熱海(静岡県・伊豆山温泉)

熱海は日本一早咲きの梅が有名で、春には梅祭りが開催。

そんな風に梅を愛でる文化が盛んな熱海では、香り豊かな梅肉入りの「梅蜜」を使ったかき氷が食べられます。

09.
「甘酒かき氷」
界 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

かつて東海道を行く旅人はみな、箱根の峠の茶屋で甘酒を頼んだといいます。栄養価が高く、夏バテ予防に効果なことも理由のひとつだったかもしれません。

もちろん、このまま濃厚な甘酒シロップを楽しむのもいいですが、別添の「小田原産 片浦レモンサイダー」を注ぐと、またひと味違う楽しみに。

 

いかがでしたか? ご当地ならではの「かき氷」を楽しめる星野リゾート 界。

温泉に入ったあとに冷たいかき氷を食べるなんて、ある意味とても贅沢。開催期間は、2017年7月15日(土)〜8月31日(木)まで。

Licensed material used with permission by 星野リゾート 界
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...