頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かっているんですが、キーンと冷たいものの誘惑には勝てません。

そう、夏のボスキャラ「かき氷」について話したいんです。

たとえば、全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」には、地域の名産品を使った「ご当地かき氷」があります。

かき氷のためだけにわざわざ温泉旅行へ行く、なんてのも最高じゃないですか?

01.
「ぐり茶かき氷」
界 伊東(静岡県・伊東温泉)

A29eecebf887c4725cc316ae1ff30a04224654b6

これは、伊豆地方の特産「ぐり茶」をシロップに使ったかき氷。

「ぐり茶」は、茶葉が丸まった姿に仕上がることに由来していて、渋みや苦味が抑えられているのが特徴です。国内でぐり茶を生産している地域は少なく、中でも静岡県東部のぐり茶はお土産として全国的にも有名。 

02.
「氷室かき氷」
界 加賀(石川県・山代温泉)

D4c01bab8c148f9cce51817a927ff5274eb014bf

加賀藩の伝統行事「氷室開き」。

これは、冬の間に氷室に雪を貯蔵して作った天然氷を、徳川家へ献上するために旧暦6月1日に氷を切り出すもので、現在ではこの日に「氷室饅頭」という三色の酒饅頭を用意して、夏の訪れを祝います。

その氷室饅頭になぞらえた、3色の酒粕シロップかき氷がこちら。

03.
「生姜シロップかき氷」
界 出雲(島根県・玉造温泉)

Fde661351d569874bbca5a0e39b76926e19fb90d

出雲の特産品である生姜。

この生姜の絞汁と砂糖を煮詰めたシロップを使ったかき氷は、甘さのなかにもピリッとした辛さが残り、暑い夏にぴったりのスッキリ風味。

04.
「ワインかき氷」
界 松本(長野県・浅間温泉)

0350021a9e824d48a1ca2257ad2da75df995ad3f

長野は、日本有数のワインの名産地。

この「ワインかき氷」のシロップには、信州のコンコードという品種の葡萄で作ったワインを使用していて、上品な甘味が特徴的。シロップを作る過程でアルコールが飛ぶので、お酒が苦手な人でも安心して味わえますよ。

05.
「煎茶シロップかき氷」
界 遠州(静岡県・舘山寺温泉)

F59b31cc075258fb888863f96dff43211bb5cd7c

静岡といえば、やっぱりお茶。宇治茶、狭山茶と並び「日本三大茶」と言われ、ふくよかな香りと味わいが魅力。なかでも希少価値の高い「香駿」の茶葉をブレンドしたお茶から作られたシロップです。

香り、甘み、渋みのバランスがとれた煎茶を、かき氷でさっぱりと味わいましょう。

06.
「万葉柚子かき氷」
界 川治 (栃木県・川治温泉)

F1af1c31f40cd6e24b5d1f82c5e08f343cf6d5e5

下野のみかもの山の小楢のすまぐはし児ろは誰が笥か持たむ

「みかも山」を謡った万葉集の一節です。

その山の「柚子園」にある樹齢30年以上の古木から収穫された「万葉柚子」を使って仕上げた、さわやかなシロップ。

07.
「とちおとめシロップかき氷」
界 日光(栃木県・中禅寺温泉)

922429e77e68fac872f671e2e974a12582c0abb7

栃木名産のいちご「とちおとめ」をたっぷりと使ったシロップをかけた一品。甘みが強く、大粒のとちおとめがジューシーなシロップに生かされているそう。

そんなシロップはもちろん、豊富な水資源を誇る日光の氷はひと味違います。

08.
「梅蜜かき氷」
界 熱海(静岡県・伊豆山温泉)

02abdcba5342229aec337fb26183ddc7c5de2edb

熱海は日本一早咲きの梅が有名で、春には梅祭りが開催。

そんな風に梅を愛でる文化が盛んな熱海では、香り豊かな梅肉入りの「梅蜜」を使ったかき氷が食べられます。

09.
「甘酒かき氷」
界 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

B51d811d2729b533d1a6a8972be5f0bcb9ac850c

かつて東海道を行く旅人はみな、箱根の峠の茶屋で甘酒を頼んだといいます。栄養価が高く、夏バテ予防に効果なことも理由のひとつだったかもしれません。

もちろん、このまま濃厚な甘酒シロップを楽しむのもいいですが、別添の「小田原産 片浦レモンサイダー」を注ぐと、またひと味違う楽しみに。

 

いかがでしたか? ご当地ならではの「かき氷」を楽しめる星野リゾート 界。

温泉に入ったあとに冷たいかき氷を食べるなんて、ある意味とても贅沢。開催期間は、2017年7月15日(土)〜8月31日(木)まで。

Licensed material used with permission by 星野リゾート 界
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...
「みぞれ山崎」は、サントリーシングルモルトウイスキー山崎を使用したかき氷。添えられたレモンの酸味と優しい甘みの自家製シロップが、個性的な深みのある「山崎」...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...