カルチャー

蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
ボディケアブランドの『SABON』、日本では「女性たちのもの」というイメージが先行しがちです。でも、SABONが生まれたイスラエルでは、当たり前のように家...
せっかく結婚式を挙げるなら、自分たちはもちろんゲスト全員にも「最高に楽しかった!」と思ってもらえるスペシャルな式にしたいですよね。「アマンダンヒルズ」(神...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
革靴やバッグならいざ知らず、Tシャツを長年着込んでいくものと考えている人は少ないのでは?しかし、ここで紹介するのは、着れば着るほど、そして洗えば洗うほど色...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
20億以上の球体を使ってインスタレーション作品に仕上げたのは、ロシア出身のビジュアルアーティスト・Maxim Zhestkov。20億という一生になかなか...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
去る6月17日、北島の都市ロトルアでnternational Rugby Clubが主催するハカの一大イベントが行われました。「世界最大人数で踊るハカ」、...