ゆる〜いイラストで読み解く「東西文化の比較論」

ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていたとのこと。

彼女によれば、出会った多くの人々が中国というワードから想起するのが「共産主義」「公害」「Facebookが使えない国」なのだとか。しかしながら、彼女は自分自身の体験を通じてどちらの文化も奇妙に感じているらしい。でも、その違いを比較すること行為に楽しさを見出してもいる。

そんな彼女が描く興味深いイラストレーションを紹介していこう。

こんなに違う?
東西のカルチャー

#1 

5233879560486912

こう見ると、確かに西洋のカトラリーは種類が多いよな。それに比べて中国は潔い気さえするね。

#2

4562487454203904

意味不明なタトゥーを入れている西洋人っているよね。たまに、それ間違ってるよ!って突っ込みたくなるよなー。

#3

5469691384430592

中国の女性は白い肌。西洋の女性はこんがりと焼けた肌。それぞれ求めるものが違うのは、ジョークにもなっているほど。

#4

5064495042920448

中国人もそうだけど、これ日本人もあてはまるよね。年齢不詳なのは、アジア人の特徴とも言える。

#5

5368266000171008

西洋の食卓には、塩とコショウ。中国では、醤油と酢。醤油と言っても、日本の醤油とは別物だと俺は感じるけどね。

#6

6518137730105344

これには説明が必要かも。彼女の弁によれば、イギリスで学生寮にいた頃は、共有スペース付きの個室を持っていたとのこと。対して、中国では1部屋に5人で暮らしていたようだ。考えてみれば13億人の人口を持つ国にはスペース問題がつきまとうよね。

#7

6079231264030720

このイラストは彼女自身の苦い体験から。中国出身者は、猫を食べると思われていたみたい。じつのところ、大半はNOみたいだけど。

#8

5255092538179584

これ個人的には、絶対に間違って欲しくない。寿司は日本のものです。でも、どれくらいの西洋人が味の違いを分かるのかは疑問だけど。

#9

6365184012582912

これよく分かる。西洋人は必ず口にしてくれるけど。結局、そこには、何の意味が?

#10

6664031058264064

これは初めて知った。中国人のお母さんたち、お願いだから、ちゃんとほめてあげて欲しい。99点で、しかめっ面をされたら俺なら泣いちゃうよ。

香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
はじめて見たときに、ゆる〜い雰囲気に癒されて、今ではすっかり大好きになってしまいました。私の住む街にも、こんな自転車や車が走っていたら、日常の楽しみのひと...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
英ブリストル在住のイラストレーターPhilippa Riceさん。彼女のポップでかわいいイラスト「SOPPY」のモチーフは、彼女と実際の彼との生活を描いた...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
知らず知らずのうちに激変している、私たちの生活スタイル。今や当たり前となったスマホも、10年前の人に見せたら仰天するかもしれません。ここでは、インド系のウ...
バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッ...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...