2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わったのかほんのちょっとだけ思い出させてくれます。

もちろん内容はフランスにフォーカスしたものになっていますが、日本に当てはまることも多く、「そういえば」といったものもチラホラ。当時の自分の生活と重ねてみても楽しいかもしれませんね。

01.
ハンバーガーが高級に!

今となっては数万円するバーガーがでた!なんてニュースも珍しくありません。でも、2005年といえばまだまだ認知度は低め。フォアグラなどの高級食材を使用した実験的な商品でさえ千円〜数千円という価格帯でした。

手軽さが売りのファーストフードというイメージからどんどん選択肢は拡がっていき、デートスポットとして人気が集まるオシャレな店もたくさん登場しました。ちなみに、世界には1個約20万円もするメニューも…。

02.
婚活パーティ
→マッチングアプリ

数分ごとに席替えをして大勢の異性と交流する「婚活パーティ」は、集団お見合いのような気軽さで流行しました。そして、いまはマッチングアプリでさらに気軽に出会える環境に。

男女の出会いを目的にしたサービスは昔からありますが、多くのセレブが「Tinder」を利用しているとニュースでとりあげられたことで一般的になりました。日本で使っている人も案外多いかも?

03.
タクシーはアプリで!

もちろん今でも手をあげて呼びますが、アプリをつかったサービス向上は世界中で話題になるほど大きな革新でしたよね。到着時間の確認や支払いがスマホでカンタンにできる上に、自国の言語が利用できることも大きな魅力。

04.
"ヒゲメン"の認知度アップ

CRADO(汚い)→HYPE(オシャレ)とあるとおり、日本でもヒゲをたくわえた男性の認知度はかなり上がったのではないでしょうか?好みはあれど、男らしさやファッション性の現れとしても"アリ"な風潮に。

05.
「ラテアート」が登場

ミルクの泡だちで描いたキュートな見た目のコーヒーが増えました。SNSで流れてくる立体アートにビックリすることもありますよね。

看板のところが「COFFEE SHOP」になっている点を見ると、アメリカンなコーヒーショップが増えたという意味にもとれるでしょうか。それは考えすぎ?フランスに長年住んでいるみなさん、どうでしょう。

06.
ノートPCからスマホへ

たとえば、iPhone 3Gがソフトバンク社から発売されたのは2008年7月のこと。今、"モバイル"と聞くと当然片手サイズのデバイスが頭に浮かびますが、スマホがまだ一般的でない頃は、まだまだノートPCのほうが先に思い浮かんだ時代でした。懐かしいですよね。

Paris zigzag」にはその他にもいくつかイラストが掲載されています。気になった人は見てみてね。

Licensed material used with permission by Paris zigzag
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
フィンランドにある「ユヴァス​​キュラ大学」のスポーツ健康科学部が興味深い研究結果を発表した。なんと、30年前と比べて高齢者が大幅に若返っているという。1...
最近になって、マイペースが2003年〜2015年にアップロードされた音楽・写真・動画を失ってしまったと認めました。過去12年分のコンテンツです。
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
知らず知らずのうちに激変している、私たちの生活スタイル。今や当たり前となったスマホも、10年前の人に見せたら仰天するかもしれません。ここでは、インド系のウ...
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
今から10年後の2031年元旦、指定した場所に、大切な人への想いが詰まった年賀状を届けてくれるサービス「十年先への年賀状」。家族やパートナー、友人といった...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
年の離れた兄弟の絆は独特のもの。親子とも違うし、年の近い兄弟とも違う…そんな不思議な関係について、自身も7歳半離れた妹を持つNikhita Mahtani...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
今年で10周年を迎える「Inktober」というイベントが盛り上がりをみせている。Inktoberは1ヵ月間、お題に沿ってイラストを描き続けるというチャレ...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
オルビス株式会社が「ORBISアプリ」内で新たにスタートしたサービス「AI未来肌シミュレーション」は、現在の肌状態と生活習慣の状況、顔画像解析結果をもとに...
周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。