2015年 なぜ、北海道で3度もオーロラが観測できたのか?

2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。

日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に入りこれで3度目(3月15日、6月23日)の観測。実は、2015年は「オーロラの当たり年」なんて声もあったのです。

北海道・陸別の夜空に
オーロラが出現

Photo by :りくべつ宇宙地球科学館

12月21日、北海道足寄郡で低緯度オーロラが出現。「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」より、撮影に成功した写真がこちらです。同館のリリースによると、撮影されたのは午前4時頃、やや赤みがかって見える部分がオーロラ。水平に伸びる白いのは雲、その下とりわけ明るい部分は街明かりだそう。

オーロラと聞いてイメージするのは、アラスカ、カナダ、ノルウェー、フィンランドといった高緯度の国々で見られる、青や緑がかった光のカーテンのはず。でも、日本のような低緯度で確認されるオーロラは、赤いのが特徴なんだとか。

若干、期待はずれ?なんて思うなかれ。こうして、緯度の低い日本でオーロラが確認されること自体が珍しいのですから。ですが、実は2013年ごろから、毎年のように“オーロラの当たり年”と言われ続けてきました。いったい、なぜ?

太陽のオーロラ(フレア)が
地球のオーロラを生んでいた

ここ数年、オーロラがピークを迎えていた理由を「MentalFloss」は、以下のように結論づけています。「太陽の動きが最も活発化していた」から。

記事によると、オーロラの光は太陽と地球の複雑な相互作用によって生じるもの。太陽から放出される放射エネルギーや、プラズマの大気が微妙にからみ合い、それが地球の磁力に影響することでオーロラが発生するメカニズムです。
太陽面で大きな爆発やエネルギーの衝突が起こるとき、プラズマ溜まりができます。これが大きな磁気嵐を起こすことで、普段アラスカやフィンランドで見られるオーロラが、低緯度のカムチャッカ半島付近まで下がってくるんだそう。

ちなみに、太陽活動の周期にはいくつかパターンがあり、11年ごとに活動が極大になることがこれまでの研究で明らかに。2013年がそのピーク…だったはずなのですが、今回の周期は、活動が極端に穏やかだったと「NASA」は報告しています。

次回のピークは2024年?

11年ごとに活発化する太陽極大期を待つとなれば、次回、オーロラが日本で見られる可能性は、早くても2024年?かもしれませんね。


Reference:Mental Floss, NASA
Licensed material used with permission by りくべつ宇宙地球科学館
他の記事を見る
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみ...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
昨年11月にオープンしたメムアースホテルは、建築家・隈研吾氏がアイヌの伝統民家チセをモチーフにして設計した実験住宅「メーム」に泊まれるだけでなく、十勝地方...