2015年 なぜ、北海道で3度もオーロラが観測できたのか?

2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。

日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に入りこれで3度目(3月15日、6月23日)の観測。実は、2015年は「オーロラの当たり年」なんて声もあったのです。

北海道・陸別の夜空に
オーロラが出現

3cef964225e2cceed8fdfb36487dc7c728856b8d
Photo by :りくべつ宇宙地球科学館

12月21日、北海道足寄郡で低緯度オーロラが出現。「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」より、撮影に成功した写真がこちらです。同館のリリースによると、撮影されたのは午前4時頃、やや赤みがかって見える部分がオーロラ。水平に伸びる白いのは雲、その下とりわけ明るい部分は街明かりだそう。

オーロラと聞いてイメージするのは、アラスカ、カナダ、ノルウェー、フィンランドといった高緯度の国々で見られる、青や緑がかった光のカーテンのはず。でも、日本のような低緯度で確認されるオーロラは、赤いのが特徴なんだとか。

若干、期待はずれ?なんて思うなかれ。こうして、緯度の低い日本でオーロラが確認されること自体が珍しいのですから。ですが、実は2013年ごろから、毎年のように“オーロラの当たり年”と言われ続けてきました。いったい、なぜ?

太陽のオーロラ(フレア)が
地球のオーロラを生んでいた

7d263f8fe75309e742ca76e9aa2cdfd11e22f1ba

ここ数年、オーロラがピークを迎えていた理由を「MentalFloss」は、以下のように結論づけています。「太陽の動きが最も活発化していた」から。

記事によると、オーロラの光は太陽と地球の複雑な相互作用によって生じるもの。太陽から放出される放射エネルギーや、プラズマの大気が微妙にからみ合い、それが地球の磁力に影響することでオーロラが発生するメカニズムです。
太陽面で大きな爆発やエネルギーの衝突が起こるとき、プラズマ溜まりができます。これが大きな磁気嵐を起こすことで、普段アラスカやフィンランドで見られるオーロラが、低緯度のカムチャッカ半島付近まで下がってくるんだそう。

ちなみに、太陽活動の周期にはいくつかパターンがあり、11年ごとに活動が極大になることがこれまでの研究で明らかに。2013年がそのピーク…だったはずなのですが、今回の周期は、活動が極端に穏やかだったと「NASA」は報告しています。

次回のピークは2024年?

C44b15663c51a1411f0a9e2d7a8ac8cc92b573be

11年ごとに活発化する太陽極大期を待つとなれば、次回、オーロラが日本で見られる可能性は、早くても2024年?かもしれませんね。


Reference:Mental Floss, NASA
Licensed material used with permission by りくべつ宇宙地球科学館
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみ...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
2015年7月14日、NASAの惑星探査機「ニューホライズン」が冥王星へとたどり着いた。地球からの距離はおよそ48億km。途方もない距離だが、探査機は20...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...