北海道の新しい「お酒」がクラウドファンディングで人気

北海道のまんなかにある、大雪山。

かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟まれた、上川町。

神々の恩恵だと思わずにはいられないくらい美しい自然に囲まれたこの場所に、北海道では戦後初となる酒造「緑丘蔵(りょっきゅうぐら)」ができました。

ーー Green Hill Sake Brewery。

戦後初の試み。

A35e74eedeec8caffb4d0beef7c254f7265c3329

「緑丘蔵」は現在、日本酒の方向性と味を決めるために試験醸造をしていて、この秋からいよいよ本格酒造が始まるそう。

前例の少ない北海道での試みということもあり、その一つひとつが、北海道における日本酒の歴史、として大きな意味を持っています。

Ebf56c57c9b2b7d4bd30b335ba9cdcb45b8c71ae

その記念すべき誕生酒が飲める、とクラウドファンディングしたところ、わずか1時間半でサクセス。8月4日現在で、目標金額の580%を超える支援(約580万円)が集まりました。

雪解け水が
キレのある味わいを生む。

5d4c721274ba49451c9a34a19a479f9b5b8410031520d1f1666143483e59b8c33327b97981a4d0e3

冬はマイナス20℃の極寒の地。でも、この寒さがやわらかな雪解け水を生み、キレのある日本酒を造り出します。北海道では、遠い昔から「カムイノミ」という儀式で、神への供物としてお酒が用いられていたそうです。

A79af77cbf76ac76d6426c27c3291f256ecb5192

日本酒の味の豊かさを決めるのは、その土地が生み出す原材料の豊かさだと言われています。理想的な7℃の雪解け水とともに原材料となる酒米に選ばれたのは、彗星吟風きたしずくの3種。

厳選したお米から純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒が製造され、現在は6種類の試験酒が仕込まれています。

日本酒の力で
「地方」を元気に!

1be53b18c054e8ed882185fb728670cbc71967b1

日本全体を見渡しても、ただでさえ減少を続けている酒造。日本酒ファンは変わらず多いのに、製造元がなくなっていくのは寂しいかぎり。じつは「上川大雪酒造」は、もともと三重県を拠点にしていた会社でした。でも、

「今まで酒蔵の無かった土地に新たにつくり、その土地でしか生まれない豊かな素材で、世界に通用する日本酒を造りたい」

そんな思いから、北海道の上川町への移転を決心したそうです。

Cf6bceb3884d95d42c564523aab420a8484c3651

上川町は人口3,800人ほどの小さな町ですが、「層雲峡温泉」などの観光名所もあり、年間約200万人が訪れます。

「緑丘蔵」は、日本酒の歴史を一歩前に進めるだけではなく、地方創生イノベーションにも希望を与える存在になりえるのではないでしょうか。

プロジェクトの申し込みは、6,500円のコースから。 

Licensed material used with permission by 上川大雪酒造株式会社『緑丘蔵』
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。壮大な自然に囲まれていて、そこ...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...