北海道の新しい「お酒」がクラウドファンディングで人気

北海道のまんなかにある、大雪山。

かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟まれた、上川町。

神々の恩恵だと思わずにはいられないくらい美しい自然に囲まれたこの場所に、北海道では戦後初となる酒造「緑丘蔵(りょっきゅうぐら)」ができました。

ーー Green Hill Sake Brewery。

戦後初の試み。

「緑丘蔵」は現在、日本酒の方向性と味を決めるために試験醸造をしていて、この秋からいよいよ本格酒造が始まるそう。

前例の少ない北海道での試みということもあり、その一つひとつが、北海道における日本酒の歴史、として大きな意味を持っています。

その記念すべき誕生酒が飲める、とクラウドファンディングしたところ、わずか1時間半でサクセス。8月4日現在で、目標金額の580%を超える支援(約580万円)が集まりました。

雪解け水が
キレのある味わいを生む。

冬はマイナス20℃の極寒の地。でも、この寒さがやわらかな雪解け水を生み、キレのある日本酒を造り出します。北海道では、遠い昔から「カムイノミ」という儀式で、神への供物としてお酒が用いられていたそうです。

日本酒の味の豊かさを決めるのは、その土地が生み出す原材料の豊かさだと言われています。理想的な7℃の雪解け水とともに原材料となる酒米に選ばれたのは、彗星吟風きたしずくの3種。

厳選したお米から純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒が製造され、現在は6種類の試験酒が仕込まれています。

日本酒の力で
「地方」を元気に!

日本全体を見渡しても、ただでさえ減少を続けている酒造。日本酒ファンは変わらず多いのに、製造元がなくなっていくのは寂しいかぎり。じつは「上川大雪酒造」は、もともと三重県を拠点にしていた会社でした。でも、

「今まで酒蔵の無かった土地に新たにつくり、その土地でしか生まれない豊かな素材で、世界に通用する日本酒を造りたい」

そんな思いから、北海道の上川町への移転を決心したそうです。

上川町は人口3,800人ほどの小さな町ですが、「層雲峡温泉」などの観光名所もあり、年間約200万人が訪れます。

「緑丘蔵」は、日本酒の歴史を一歩前に進めるだけではなく、地方創生イノベーションにも希望を与える存在になりえるのではないでしょうか。

プロジェクトの申し込みは、6,500円のコースから。 

Licensed material used with permission by 上川大雪酒造株式会社『緑丘蔵』

関連する記事

「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...