ステキな本屋は、時に攻撃的。札幌・北18条の古本屋「BOOK LAB.」にハマる

街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。

札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も、そのひとつ。ここでは、くまなく書棚を見るブックラバーだけが “面白本” に出会うことができる。

BOOK LAB.の棚には
ステキな「分類学」を感じる

©2018 inagaki masanori

雑誌をおろそかにしない古書店はいい。

とくに、昨今の雑誌はモノによって保存性が高い内容をアーカイブしていて、書籍と同じように読書欲を高めてくれる。「BOOK LAB.」の素晴らしいところは、雑誌の性格や内容を理解し、再解釈した分類に当てはめているところだ。

©2018 inagaki masanori

たとえば、『GINZA』の置き方。

マガジンハウスが発行している『GINZA』は女性ファッション誌だけど、実はユニセックスで読める記事が多く、メンズの愛読者も多い。BOOK LAB.では、号によって女性誌枠ではなく、ファッション総合枠にカテゴライズし直している。

©2018 inagaki masanori

同じように『GO OUT』も、ファッションの強い号はファッションの棚へ、アウトドアの強い号はアウトドアの書籍がある棚へ差してある。

従来通り、
『GINZA』→女性誌
『GO OUT』→ファッション誌

と分類のルールを作ればキレイな棚になるし、分類も簡単だ。でも、本屋にとっての棚は、本との出会いの場所。店員の鴨田花枝さんは「いかにワクワクするか。本を入れるときはいつもそれを考えています」と言う。

いかにAmazonがレコメンドの精度を上げたとしても、人の温かさをもった書店が生み出す「出会いの価値」には勝てないはずだ。

それは、店内に足を踏み入れるところから始まっている。入り口では、美術や写真の棚が出迎えてくれる。

「本好きの人を引き寄せてくれるかなって」

本屋は時に攻撃的。
BOOK LAB.の名物店員、鴨田さん

©2018 inagaki masanori

鴨田さんは言う。

「BOOK LAB.は、世の中の『本を廻す』っていうコンセプトを持っています。家の中に本が眠っていることがありますよね。それってすごくもったいないと思うんです。一度役目を終えて眠っている本を、いま必要としてくれる人のところへ届けて、そこで再び価値が出る。だからBOOK LAB.では、セールは、ただ売るためだけにやるんじゃないんですよ」

©2018 inagaki masanori

鴨田さんは、自他共に認めるブックラバー。旅行先でも書店を巡るほどで、たとえば東京では「かもめブックス」などに立ち寄るそうだ。

つねに、どうしたら本がワクワクするものに見えるかを真剣に考えながら、日々お店を整えている。

鴨田さんにとっての書店は、コミュニケーションの場だ。普段は静かな書店だけど、同じブックラバーのお客さんとつい話し込んでしまったりすることもあるという。その様子たるや、まるで書店とは思えない。アパレルを売るかのように、本を一冊ずつ丁寧にオススメする。

「せどり」が
BOOK LAB.を支えている

©2018 inagaki masanori

昔から、古本を漁って安く仕入れ、高値で売れるところへもっていく「せどり」稼業は存在したけど、Amazonができてからせどり商売は拡大した。BOOK LAB.は約10坪の小さな中古本屋だが、じつは札幌市内に体育館ほどの大きさをもった倉庫を持つせどり屋がバックボーンだ。

「やはりネットだけではダメだな、と。それでリアルのショップを作って、まずは北海道大学の学生向けに教科書を売りながらいろんな実験をしていこう、っていうのがコンセプトなんです」

BOOK LAB.は、本と人をつなぐ場所。

その裏には膨大な在庫を抱える倉庫があって、本を偏愛する店員さんが僕らと本をつないでくれる。それだけで、ワクワクしてこないだろうか。

「BOOK LAB.」

住所:北海道札幌市北区 北18条西4丁目2-20 北18条ハイツ1F
TEL:011-374-1034
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日
公式HP:http://www.book-lab.net

Top image: © 2018 inagaki masanori
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...